« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月28日 (木)

魔法の言葉は、本当に魔法の言葉だったの

カープが痛恨の逆転負けをして、「あらら・・・まあ、仕方ないわね。」と、大人な見解を心の中でつぶやいてたら、

旦那が、ものすご~~くネガティブに、汚い言葉で、私の可愛いカープの選手たちをののしるから、

「そのネガティブ発言は、日頃のうっぷんをぶつけとるだけやね。」

と、妙に冷静なお言葉が、私の口から勝手に出て、

「いや~~な気分になるから、ちょっと控えておくれ。」

と、やさしく?頼んでみたら、花がしおれるように、黙り込んだ。


おもしろ~~。

我慢せず、ちゃんと、気持ちを伝えただけなのにね。



その後、超・超ネガティブシンキング母(私の実母)から電話着信。


例のごとく、父の愚痴。

黙って聞いてたんだけど、これまた、

「もう何年も同じ話しかしとらんよ。愚痴はいつでも聞いてやるが、本気でどうにかしたいなら、しかるべき対処をとるしかない。いつも同じところをぐるぐる回っとるだけじゃ!!」

と、勝手に口がしゃべっておった。


あ~~、こう書くと、なんか、すごい親不孝娘(加えて鬼嫁)に思われるだろうな・・・と、罪悪感が少々うずくのですが、こんな風に思うには、私にもそれなりの事があったわけで、そこんとこ理解して頂けると嬉しいな。




何が言いたいかというと・・・

この2件の事例のように、言いたい事を言った後は、必ずものすご~~く後悔して、大反省会開いて、どよ~~んと落ち込んでたんですよね、過去の私。

だって、自分の気持ちを言ったらダメだと、思い込んでたから。

でも、今回のように、気づけば勝手に口から出てるんですよ・・・私。


以前は、抱えてる怒りがはんぱなかったから、怒りにまかせて、ちゃんと自分の気持ちは伝えきれてなかった。

それで、余計に罪悪感が増してた。

今は、怒りがかなり小さくなったし、自分の気持ち(さみしいとか、つらいとか、こわいとか・・・)をちゃんと伝えられるようになったので、湧き出た罪悪感は、ほんとに、ゴミみたいにポイっと捨てられるようになりました。



どうして、そうなれたか・・・。



私は、そのままの私で、素晴らしい。


と、思ったから


なんです。



そのへんのこと、今日のこの方のこの記事↓が素敵なので、読んでみて。
特に、後半ね。

心屋 仁之助ブログ


ついでに、

今年になってから、仕事のことで思い悩む事があって、

「あ~~、私、だめだなあ。何がいけないのかな~。」
と、落ち込んでいました。

むやみに動き回るべきではないと、感じていたので、今のまま普通にやっていこう・・・と、言い聞かせても、なんだか元気が出なくて・・・。

先々週だったかな・・・

FB見てたら、同じく心屋さんの、この記事→ が目について、
「そうか、魔法の言葉でもつぶやいてみるか。」

でも、恥ずかしいから、仕事に向かう車の中でぶつぶつと、
「○○が△△でも、私は素晴らしい!!」

と、5回くらい言ったかな。


なんと、そこの講座は、私の中では、いつも一番気を使う決して楽しいとは言えない講座なのに、その日はと~っても楽しくて、自分らしく納得のいく時間を過ごせました。

なんら状況に変化はなく、生徒さんもいつものメンバーで、ネガティブ発言繰り返す人も、たぶんいつも通りいらしたと、思うんですが、もう、そんなこと、ちっとも気にならなくて、私すごいかも・・・と、内心ホクホク、ニヤニヤ。

こんな気持ちは、初めてでした。


その後も、意識がいろいろ変わって行くのがわかったのですが、とにかく、


何があろうと、何もなくても、自分を認めることから始まる・・・と、またしても納得。

もともと自尊心が低いので、ここがなかなか認めにくいんです。

これもできてないし、ここもまだできてない・・・と、自分にダメ出しばかりしてしまいます。

そして、そういう、自分を認められない時は、誰の事も認められないから、他人のアラを探しがち。特に、息子とか・・・。


でも、魔法の言葉を言ってると、不思議と、いろんな事が動いていく、勝手に。

私を包んでいる空気が変わる・・・って感覚。


空気も意識も、ごっそり瞬間移動。

移動先は、やさしくて、と~~っても、楽ちんな場所。

状況はなんら変わってないのですが、今のところ・・・。でも、今日一日を楽しむことができて、ほんと、嬉しい。



たぶん、また、落ち込む時があると思うんですよ。

でも、その時は、また魔法の言葉をつぶやこうと思います。
(忘れないように、↑の記事ブックマークしました(笑)。)




そして、この記事を最後まで読んでくれたあなたも、素晴らしい。

なんちて・・・。。。



Dsc_0224

今日は、外出中の姑の代わりに、コチラ↑のお世話。

枯らさないように、水やりします。
責任重大!!




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

2015年5月25日 (月)

ほどく、ほどかない・・・

編み物を教える仕事をしていて、
「先生、ほどかないといけないでしょうか?」
というご質問、よく受けます。

先週のシニアの講座でも、出ました。
その方の場合、明らかに、ほどかなければどうにもならない・・・と思ったのですが、いい機会でしたので、少し冗談を交えて、この「編み物する上での永遠の課題」について、話をさせてもらいました。


「ほどかないといけないか・・・という問いにどう応えるか、講師はいつも悩ましいのですが・・・」

結論から言うと、
「ほどいた方がほどかないよりは絶対いい!」
わけです。

間違っていたなら、または、間違ってなくてもサイズが合わないなら、修正した方がいいのは、明らかなことです。



が、しかし


ほどかなくても直せる方法もあるし、間違ってはいるけど大差ないからそのままでも大丈夫な時もあるし、サイズは体を変えてでも合わせる・・・こともできる(?)。


でも、

気づかずにかなり編んでしまったんです・・・

とか、

めんどうだから、私はほどかない!!

と、頑固に言い張る人だとか・・・


違う模様で編んだと思おう・・・

とポジティブに考える、とか、


いろんな、時と場合と人があるので、講師側からは、絶対ほどきなさい!!と、強く言うことはありません。
(少なくとも私は。)


できるなら、ほどきたくないのは、皆同じですよね。

状態によって、ほどかなければどうなるかを伝え、ほどいた方が楽な場合にはそのように伝えます。


生徒さんの技量に応じて、ほどかず直す方法があればそれをお教えすることもあります。


まっ、基本、ほどく、ほどかないは、お伝えすることだけ伝えたら、後はご本人にお任せしてます。



いずれにしても、間違った時がチャンス!!


だと、思っています。

要は、どこを間違って、何が違っていて、どうしたらよいのか・・・を、見つけ出すことが大切。

ほどく、ほどかないは、二の次。

どこを、どう、間違ったのかがわかれば、同じ間違いは起こしにくい。


なので、やみくもにほどいてしまわず、なんだかおかしいことになったら、まず、どこが原因で、どうすれば良かったのか理解してから、ほどいてほしいと、教室ではいつもお伝えしています。


でも、みなさん、間違いは早くなかったことにしたいのか、
「間違った~~!え~い、ほどいちまえ!!」
と、原因がまからぬままほどいて、また同じとこを間違える・・・ってこと、よくされます。



そうですよね、ありがちです。

あんなミス思い返すのもイヤだわ・・・と思いますよ。
間違った醜い物は、一刻も早く消し去りたい。

罪悪感が疼くから。
いい子ちゃんでいられなくなるから。



人生も同じ。

いつも、同じとこでつまずく。
同じとこをグルグル回ってる。

どうして、いつも、こうなるんだろう???




どこでつまずいて、何がいけなかったのか・・・誰かに指摘されれば理解できるけど、自分ではわからない事、あると思います。

でも、間違った時、つまずいた時、辛い時・・・
そのからくりがわかれば、早く修正できる。

誰かに聞かなくても、自分ひとりでも見えてくるようになれば、よりいい。



人生も、編み物も、間違わず、つまずかず終えることは、たぶん不可能。

間違いやすい所も、つまずきやすい所も、ちゃんとわかってても、失敗する、何度でも。


でも、何度でも、ほどいてやり直せる。
より良い場所へ向かって生ける。




問題が起きた時が、チャンスです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

2015年5月19日 (火)

5月のニットカフェでした。

昨日、5月のニットカフェを開催しました。

今月も雨・・・

実は、ニットカフェの日は、よく雨が降ります。
皆さんに、福が編み物と一緒にやってくるように、恵みの雨かしらん。


今月は、参加者6名様で、いつもより講師たちは、みなさんと一緒に座って、おしゃべりしながら、のんびりムードで講習できました。


しか~し!

生徒さんたちは、のんびり・・・とはいかなかったもよう。。。


ベテラン組さんも、いつもと違う編み図に、少し戸惑われていたご様子。

ある意味、講師冥利につきる・・・ムヒヒ。



でも、そんな講師の勝手なドS気分なんて、ものともせず、苦労しながらも、ちゃっちゃと仕上げられたのは、さすが・・・です!!

Dsc_0185

Dsc_0187

Dsc_0188

今月のケーキは、タルト。
あっさりした味のカスタードクリームがたっぷり乗ってました。

そして、フランボワーズのマカロン。

全てアップルスパイスさんの手作り。

ほんと、Eriちゃんは、天才だ!!


今月も、美味しかったです。




6月のニットカフェ は、

6月8日(月) 13:00~です。


夏も、コットンやリネンの糸で、編み物楽しみましょう。

定員は、10名様。

皆さまのお申込みお待ちしております。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

2015年5月14日 (木)

ドルマンスリーブ プル

4月に編んでた作品見本を、もう1点。

着物スリーブカーディガンとして、リッチモアの昨年のベストアイズ掲載作品。
それを、糸は手持ちの物で、カーディガンをプルオーバーに変えました。

Dsc_0127

少し着丈が短かったかな?

見本に使った後、もう少し、裾を編み足すつもりです。


編み地のアップがないので、伝わらないと思いますが、玉編みのシェル模様という単純な編み地なんだけど、どうなってるのかな??と、編み図が見たくなる・・・模様です。

こういう、単純だけど、編み地が変わって見える模様・・・好きです。



明日は、この見本を使う講座の日。

GW前に、皆さん編み始められていて、2週間のお休みの間、どうなってるかなあ~~と、気にかかります。

ほぼ初心者に近い生徒さんと、ベテランさんとが混じった、この講座。
お持ちする作品も、かなり、悩みます。

提案した後も、
もう少し、楽な作品がよかったかしら・・・と、また悩んだりして、きりないです。


編みたくない物を作るくらい、つまらないことはないですもんね。


その気持ちよくわかる。

悩ましいね~~。


・・・と、そんなこと悩んでたら、お仕事できなくなっちゃうよ~~(笑)。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

2015年5月12日 (火)

かのこ編みのバネポーチと小さき人の楽しみ

GW中、いつもの公民館でのサークルに、生徒さんのお嬢さんが、編み物を習いに来てくれました。

昨年から編み物を習い始められたお母さんを見て、小学生のお子さんも、手芸に興味を持たれたそうです。

お母さんから手ほどきを受け、棒針でメリアス編みが上手に編めるようになりました。


真っすぐ編むだけでなく、違う物が編んでみたい・・・とのこと。

頑張ってかぎ針にも挑戦したMちゃん。

Dsc_0162

Dsc_0161

かのこ編みのバネポーチを編んでもらうことにしました。

上手に表編みと裏編みを編まれてました。
お母さんのご指導が、ちゃんと身についていて、すごいなあ~~。

私も最初に手ほどきを受けたのは、家族でした。

私の場合、祖母ですが、Mちゃんと同じ年頃の頃、いつも編み物していた祖母から、かぎ針を教えてもらったのが始まりでした。


外遊びをほとんどしない、家で一人遊びばかりしているような子だったので、なかなかうまくなれないかぎ針編みにも、熱中できたのかもしれません。

あまりよく覚えてないのですが、その頃、小さなお守り袋や、お人形の服を編んだ記憶が残ってます。



友だちと遊ぶこともありましたが、ほとんど家にいたような気もします。

友だちといる記憶より、ひとりでいる記憶の方が鮮明です。


子どもは、友だちと外で遊ぶものだと、そうお考えの大人は多いと思いますが、ひとりが好きな子もいますし、わけがあって友だちと遊べない子もいます。


今は慣れましたが、息子が保育所へ通ってる頃、砂場でひとりで遊んでいる姿を見ることが多かったので、かなり心配した時期がありました。

お友だちとトラブルになる事はほぼなかったですが、いじめられていないか、どうして友だちの輪の中に入っていけないのか、砂場で一人遊びをする息子を見ながら、様々に悩みました。


でも、ある日、当時の担任の先生が、
「私は、外で友だちと駆け回って遊んでた方なので、Tくんの気持ちはわからないです。」
と言われた時、ひとりで、ぼーっと窓の外を眺めている自分の幼い頃の姿が突然思い出されて、
「私は、わかります。私も、Tのような子どもでした。」
と、気づいたら話してました。

それから、徐々に、息子がひとりでいることが、気にならなくなっていきました。




そういう子もいるのです。

そんな子や、あんな子や、いろんな子がいて、世界は成り立っています。


でも、ついつい、お友だちと仲良くしなさい・・・と、小さな子に声をかけがちです。


小さな私の場合、好んで一人でいたのか、それとも、うまく友だちと係れなかったからなのか、今となってはよくわかりません。

どちらも当てはまっていたのかも。


ただ一つ言えることは、

友だちとうまく係れない自分は、ダメだ。


という罪悪感だけは、植え付けられていたな・・・ということは、わかります。

そのことで、中・高生になった頃、かなり辛い思いをしました。

大人になってからも、同じでした。



友だちとうまく係れず、友だちも少なく、ひとりでいる時間が好きな自分を、自分自身が、許してやって、

それで、初めて、楽になり、自由になれました。


つい最近のことです。
長くかかりましたね~~(笑)




自分の中のインナーチャイルドを癒してやってから、息子との関係も少し変わってきました。

教え諭す親から、見守る親へ。

まだまだ、なかなか、見守れない親ですが、そんな自分もまた、うんうん仕方ないね~~と、自分で慰めて・・・。




話が、どんどんそれましたが、

言いたい事は、

一人遊びも悪くない・・・ということ。


子どもが持つ力は凄いです。

親がこうあって欲しい・・・なんて期待する想いなんて、吹っ飛ばす力を持っています。


なかなか上手に編めなかった物も、ひとりで、もくもくとやり続けて、なんとか編めるようになるもんです。

黙って見守る。
困った時に助け船を出す。


親がやれることは、こんなことぐらい。


自分の足で立って、歩いて行かなければ、ならないのですから。










にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

2015年5月11日 (月)

半円模様ブレードのベスト

あっという間にGWも終わり、初夏の爽やかな風が吹き抜ける毎日。

黄砂で、そこらじゅう、まっきっ黄。


GW後、曜日の感覚がくるっておりましたが、今日からなんとか元に戻りそうです。

今日は・・・月曜日でしたよね。。。



ブログも、長いこと休んでしまいましたが、久しぶりの更新で、何を書いたらいいんだか・・・
かなり、ボケボケになってます、私。


とりあえず、4月初めに仕上がってたのに、写真撮り忘れて載せられなかったものを、UPしていきます。

Dsc_0126


シニアの講座の教室に置いて帰ってて、4月末の講座の時にあわてて撮ってきたので、色も悪い、これ一枚しかない。

↑これ、ハマナカの今年の春夏の見本帳の表紙に使われてる作品。

新製品のハマナカ・マタンを使った、かぎ針作品です。
半円の模様でブレードを編みつないでいきます。

ひとつひとつの半円モチーフは、糸を切らずにつないでいくタイプなので、糸始末の心配はいりません。


マタンは、リネン混の段染め糸。
適度な張りがあり、編みやすい糸です。
全体に、柔らかな色調のカラー展開になってます。





みなさま、GWは楽しくすごされましたか?

我が家は、前半は、旦那は田んぼ仕事、息子は部活で、私はご飯作りの身。

後半の2日間、友人家族3組で、キャンプに行ってきました。

あまりお外で遊ばない我が家。
テント張り(ほとんど友人任せ)や、片付け、暗い中でのご飯作りに・・・少々疲れました。

でも、新緑の山の景色は、最高にきれいでしたよ。
もう少し、ゆっくり、森林浴を楽しみたかったなあ~~。

2015050707204600

今週から、また通常モードで、はりきっていきましょう!!



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ