« ネックレス・ラリエット・いろいろ | トップページ | ジュニア編み物教室の様子 »

2015年3月24日 (火)

こだわらず、とらわれない

一昨日、右腕の再手術をしてきました。
中に入っていた金具を取る手術。
局部麻酔で日帰り手術なので、さほど心配はしてなかった…
と言いたいところですが、自分でも情けなくなる程、少し前からナーバスになってました。

そして、これまた情けない話ですが、その「手術恐いよ〜」という自分の気持ちに見事に蓋閉めてました。

手術室に入る前、ストレッチャーの上に寝たとたん、怖くて震え始めて、結局、麻酔が効いて手術が始まるまで、足がぶるぶる、ぶるぶる震えて止まりませんでした。

何故か、メスが入った…と思われる(幸い麻酔がよく効いてて、まるで痛くなかったのに、メス入れたな…ってわかった(笑)。)瞬間から震えがぴたっと止まりました。

前回の手術は、全身麻酔で、寝てる間に全て終わってましたし、何より、手術前の24時間が痛すぎて、さっさとやって下さい…って思ってましたから(笑)
ほとんど恐怖感じてなかったんですね。

でも、術中の血圧がずっと高かった…って後で看護師が言ってたから、無意識下で、パニクっていたんだろうか?


今回は、意識しっかりある中で、ビビりまくりました。
こんなに恐がりだとは、正直思いませんでした。

何も心配してないように、しれっと手術日を迎えたつもりでしたが、内心はびくびくだったようです。


自分の感情、特に怖いとか寂しいとかの感情に気づきにくい事はわかっているつもりでしたが、こうも気付かない、あるいは気付かないふりをするのかと、ビックリ。


旦那が、仕事を休んで付いて来てくれてたので、麻酔がきれ始めた帰りの車の中で、ここぞとばかりに「痛い‼痛い‼」を連発してたら、そういういたたまれない空気の中では、うちの旦那ひたすら黙って申し訳なさそう…にするので、ちょっと可愛そうになり、優しくこちらから話しかけてあげました(笑)。

無駄話でもしてれば、重い空気も薄まってくるよ…って事に気付いてくれたかな?

まっ、いいけど。

「旦那さん、仕事休んでくれたん?優しいね〜」
と、病院内での旦那株、急上昇でしたから。

それに、同様の局部麻酔の手術を、息子は、昨年2度経験してて、結構怖い思いしたんじゃないかと思うのですが、今聞いてみても、
「怖かったけど、大丈夫、大丈夫。麻酔打たれる時は痛いで〜。でもすぐに終わる。大丈夫よ。僕もかなりドキドキだったけど。」
と、何とも頼もしいお返事。
最初の手術の後は痛がってたけど、2度目は、さほど痛がることもなく、機嫌も良かったような…。

我慢しとったわけではないそうです。
「取ってもらわんといけんからな。」と、冷静。
私は、もう手術やめて、帰ろうかな…とマジで思った情けない母ですよ、どうせ。
息子は、本物の、痛みに強い奴?

私の痛みは、徐々に薄れてきています。
10日後に抜糸すれば、晴れて完治のお役御免。

半年に及ぶ骨折騒動も、これにて一件落着!


この騒動、家族には、色々迷惑かけたけど、自分自身にとっては、色々気付けて、骨折り儲け?となりました。

先のことを、先々心配せず、浮かんでくる不安と恐怖は、そっくりお任せして、何事にもとらわれず、こだわりを持たない…という事がどういうことなのか。

自分なりにわかってきて、どうしたらいいかも何となくわかってきました。

怪我して、入院したおかげです。

とはいえ、今回の再手術の時のように、不安な自分の感情に気づきにくい、という点が治るわけではないことも、発見。

治らないけど、仲良く付き合っていけるかな…と思っています。

昔馴染みの恋人は、蜜の味?って言うでしょ。

…って、ほんまか?


思いがけない出来事や、不運やら、なんでこうなるかな、って事に出会ったら、それは、何かに気付くチャンスなんだと思います。

普段自分の事を後回しにしてしまう人は、じっくり内観して、自分の心や想いに向き合う時間をたっぷり取ってみる。

そして、どんな自分が現れるか、たのしんでみる。


痛かったのは、嫌だったけど、私は、この貴重な体験を、楽しめました。

おもろい経験が、また、いっこ、増えました。

1427243064562.jpg


何はともあれ、新生taenee、ますます頑張ります‼

« ネックレス・ラリエット・いろいろ | トップページ | ジュニア編み物教室の様子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

恐かったよね ・・;
あのね 私ちょっと分かるんョ
震え 手術始まったら止まったん?
そりゃぁ凄いよ !
血圧あがって死んだら‼ って心配性の私はまた別の恐怖を産んで
ややこしい恐がり方をする奴なんよ ・・;
なにはともあれ終わっておめでとう!
後は治るだけ^^

kuuzaemonnさん。

コメントありがとう。ご無沙汰しちゃって、ごめんね。

あ~、わかる、わかる。次々やってくる恐怖ね~。同じよ。
私も、途中で麻酔切れて、痛くなったらどうしようって、ず~~っと気が気じゃなかったんよ。
でも、結果麻酔はよく効いててね・・・。
案ずるより産むがやすし・・・って言葉、わかっちゃいるけど実行できん。
そんな私たちは、結構可愛い?かもね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/61331732

この記事へのトラックバック一覧です: こだわらず、とらわれない:

« ネックレス・ラリエット・いろいろ | トップページ | ジュニア編み物教室の様子 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ