« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月20日 (月)

退院してきました。

昨日日曜日、入院から1ヶ月目に、無事退院しました。
今日はブログを自宅のPCで書いています。

右手は、手首も肘もまだまだろくに曲がりませんが、握力や腕の色んなところの筋力を戻すリハビリのためと、両手でキーボード打っています。

でも・・・疲れるわ~。



おかげさまで、腫れはかなり楽になってきました。
関節の動きは、周辺の筋肉と関係があるらしく、落ちた筋力をつけるには、日常生活をこなすのが一番よいらしい。
とはいえ、利き腕の右手がほとんど使えないんでは、たいした家事もできないんだけど・・・。

少しずつ少しずつ、頑張ります。




今回の入院で、思いがけず手に入れたものがあります。

心のもちよう・・・とでもいいましょうか・・・。

「先の事は考えない。今を生きる。」
という、私にとっては、できそうでなかなか出来なかった気持ちの持ち方。
普通にできてる人にとっては、何を今更・・・な話ですが、これが、私には本当に難しかったんですね。

ついつい、先の事をあれこれ考えて、勝手に不安を作り上げて、それがいろんなとこで悪さをする。
例えば、息子の事・・・とか。

今回のけがで、どうにも身動きがとれない状況の中、今までの私なら、いつ元通りに動くようになるんだろう、とか、家の中はどうなってるだろう、とか、仕事のこととか、考えても仕方ないとわかっていても頭から追い出す事ができず、気がつけばあれこれ考えてる・・・そんな感じだったのですが。

なんと、そんな、取り越し苦労ばばあ、がどこかへ飛んでったみたいです。
ムフフ・・・。


ま、そうはいっても、まるで考えないわけではないんです。
ふと、不安が浮かぶ時もありました。
でも、次の瞬間、「考えても仕方ない事は、神様にお任せじゃ~」
と心でつぶやくと、ぱ~っと、どこかへ消えて行きました。

不安が消えた後の頭の中は、な~んか、いい感じにカラッポになる。

なんか、ちょっと怪しい話になってきましたが、でも、ほんと、魔法の言葉、のようでした。

そして、実際、なるようになるんです。


「今を生きることが、いい方へ導く。」
って、本当の事ですね。

今まで頭でわかっていても、心が受け入れてなかった。それがこんなことがきっかけで可能になるとは、思いもしませんでした。

入院生活もまんざら悪くない・・・。

おもしろい体験ができました。



入院中、何度もお見舞いに来てくれた友人のみなさま、メール・メッセージで励まして下さったみなさま、そして、このブログにお見舞いコメントを下さったみなさま、優しいお言葉の数々本当に嬉しかったです。
とても力になり明るい気持ちになれました。

本当に本当にありがとうございました。












にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

2014年10月15日 (水)

経過報告

しばらくぶりの更新です。

入院生活は、あまり目立って変わりなく、面白いネタもなく、

カープ結局3位だったわ~、CSもあっさり負けちゃったわ~、野村監督やめちゃうのかあ~、あら次期監督は緒方なんかあ~、えー!!だいちゃん引退!!

とか言ってる間に、10月もはや半月過ぎて…。

明日で入院4週間を迎えます。

3週間で外れる予定の、創外固定が予定通り外れ、今はリハビリが痛い(;o;)毎日です。

実は、骨折箇所が3ヶ所で、少々ひどかったので、創外固定されてました。
創外固定を説明してると、かなりエグいのでここでは控えますが、ご存知ない方はググってみてね。


骨折経験は何度かありますが、ここまで酷いのは初めてですし、手術したのも初めて。
1ヶ月が経とうとしている今も、手首から肘までパンパンに腫れてます。

こんなに腫れがひかないなんて、思いもしなかった…。

手首も肘も、今はまだ10°程度しか曲がりません。
リハビリの先生が優しくて、ゆっくり揉みほぐして下さるのが、せめてもの救い。

後は、自主訓練をどれだけやるか…に回復の良し悪しはかかっているそうです。

しかし、腫れて熱もってくると、ちょっと怖いし痛いし。

先は長いわ~。


入院予定は、30日だったので、経過がよければ、そろそろ退院…かな。

退院後の心配をあれこれしてみても仕方ないので、先の事はまるで考えてなかったんですが、この状態で帰って大丈夫かいな…と、さすがにちょっと気になってきました、が…。

まっ、退院が決まってから、また考えよう…。

帰ったら、たこ焼きとラーメンと焼き肉と秋刀魚と豚汁、食べたい~~~!!

2014年10月 7日 (火)

入院日記

台風一過。今日は朝からいい天気。
ブルースカイブルーってこういう空の色じゃないかな。


先週雨が降った木曜くらいから、どうも痛みが出て、どこから何でおきる痛みかわかんなくてイライラしてました。

ずっと痛いわけじゃないけど、何かの拍子に痛くなる…

天気のせいかな、
包帯の巻き方のせいかな、
ギブスの位置がズレてるからかな、


一度かなり痛い思いすると、またあれが来る!? と、少しの痛みでも勝手に体が身構えて、冷や汗が出ます。

痛みには強い方だと思ってたんだけど、どうも違うみたい…
小さい時から怪我ばっかしてきて、慣れてると思ってたけど、全然思い違いみたい…

誤魔化してただけなんだと、今回の怪我で気づきました。


痛い、辛い、悲しい…という自分の気持ちをどれだけ無視してきたか、よくわかりました。

我慢しなさい…と言われ、我慢することが美徳と思い込み、人に迷惑かけてはいけないと自分に言い聞かせ…
そうやって生きてきた。

全部間違いだった。


我慢することないのに。
痛い時痛いと言って何が悪い。
迷惑かけずに生きる事なんて誰にもできないのに。


こういう事に、気づいてわかっていても体に染み付いたものは、なかなか消えません。

ポジティブに…と言い聞かせていても、ネガティブについつい考えてしまいます。

今、毎日、ついついネガティブになりがちで、考えても仕方ない先の事に思いが巡りそうになった時、ひとまずこれは神様にお預けしよう…と思うようにしています。

どうか、よき方へ流れますように…と、完全に神様任せ。


不思議な事に、そうしていると、大丈夫、私は乗り越えられる…という根拠のない自信が沸いてきます。
頑張らなくても大丈夫…と。


怪我という思いがけない出来事に逢って、精神的に色んな体験を、今し続けていて、体は痛いけど、心がなぜか清々しい…そんな不思議な現象が起こりつつあります。


ちょっと、面白くなってきたな。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ