« 初夏に向けて・・・リネンでストール | トップページ | リンドのベスト出来上がり »

2014年4月11日 (金)

糸情報・リッチモア リンド

今日は、糸の情報。糸レポ?って言うんですかね~。

春夏の講習会が2月下旬から始まって、色んな新製品に触れましたが、全ての糸を編むのは無理。限界がありますが、できる範囲で編んだ糸の感想をちょっとだけ書きます。


Dsc_1017

リッチモア リンド

ナイロン・綿・レーヨンの混紡です。
合太程度の太さ、今かぎ針でベスト編んでますが、使ってる針は6/0号です。
夏糸で6/0号は太い方だと思うので、早く進みますね。


トロンとした手触りとつややかな光沢は、表面に使われてるレーヨンの特徴。

レーヨンは、シルクの代用として生まれた化学繊維だと昔習いました。
アロハシャツによく使われてた素材。
ヒンヤリ感もあって、夏向きの化学繊維です。

でも、やっぱり、日本のジメジメ湿気の多い真夏には暑い。
初夏の爽やかな季節に向いている?ってことは、まさに、今でしょ!!
今着ないでいつ着る。。。



 ←詳しくはリッチモアのHPをどうぞ。


リリヤーン状の作りになってるので、棒針・かぎ針どちらでも編みやすいです。
色が、ほぼ全色明度が高い、この春夏よく巷で見かける明るめの色合いです。
アラフィフにとっては、ちょっと明るすぎて気が引けますが、でも、だんだん明るめの色を身につけないとかえって老けるなあ~と、昨年撮った写真を見た時愕然としました。
グレーシュな色が好きだったけど、明度が低いと顔映りが暗く見えるなあ・・・と。
そこで、あえて、明るいブルーを選んでみたけど、身につけたらどうなるかな・・・。

Dsc_1014

これ、2月末の講習会でのテーマ作品でした。
編み初めは、一日2時間ぐらいで1玉編めたので、合計8玉使用だから、8日で編める~~と、ゆるい計画たてたけど、結果、今日現在、なんとか衿と袖口の縁編みを残すとこまで。

1ヶ月以上かかってますね。
計画倒れは、いつものことだけど・・・。


しかし、編む気と時間があれば、10日もあればベストが編めるってことです。

早く仕上がりますね~。


編みやすさと、柔らかい素材感。
全般的に、おススメできる糸じゃないかな・・・と思います。


同時に棒針でストールも編んでいます。
こちらも楽しいんだけど、仕事用で先に仕上げないといけない物があって、春の内には仕上がらないかも・・・。



編み物を始めた頃、化学繊維は、着心地や肌触りがどうも気になって、どちらかというと敬遠してました。
特に夏物は、天然繊維が一番・・・ってずっと思ってました。

でも、近年、化学繊維も進歩してますね。
糸の作り方も工夫されてるからか、化学繊維の混紡糸も使いやすい糸がたくさんあります。

使って(編んで)みないとわからないのが、糸の難しいところではありますが、色んな糸に出会う内に、糸玉を触った時点でなんとなくその糸の良さが伝わってくるようになります。

残念ながら、ネット購入の場合、その勘は働きませんが・・・。

以前にも書いた事ありますが、店頭で買う良さは、手に取って確認できるという点。
自分の感覚を養う意味でも、是非店頭で実物の糸に触れてほしいな・・・と思います。



糸選びの修行のススメ・・・? のように受け取られるかな・・・?

でも、糸に触れて、この糸がどう変化して作品になるか想像するのって、本当に楽しい~~!!んです。

もしかすると、その楽しさが一番好きかも・・・編むよりも。

そう疑ってしまう時も、あります・・・・・。


けっこう、そんな人、いるかもね。








にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ




« 初夏に向けて・・・リネンでストール | トップページ | リンドのベスト出来上がり »

編み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/59449391

この記事へのトラックバック一覧です: 糸情報・リッチモア リンド:

« 初夏に向けて・・・リネンでストール | トップページ | リンドのベスト出来上がり »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ