« 初心にカエル | トップページ | 68年目のヒロシマ »

2013年8月 5日 (月)

ぶつぶつひとりごと

日曜日、昨年亡くなった叔父の一周忌でした。
叔母の好意で法要に私もよんでもらい、従姉妹や九州に住む叔母とも、久しぶりに話せました。

undefined

九州の叔母は、古い着物をほどいて、吊るしものを縫う趣味を持っています。
私へのおみやげ。

↑可愛いワンコ、全て叔母の手縫いによるもの。


着物の生地なので、どこかどっしりとした趣。

顔が、なんとなく叔母に似てる。
私は、若い頃、この叔母とよく間違われていました。
ということは、このワンコも私に似てる!?かも。


半日ではありましたが、自分の方の親戚たちと、賑やかな時間を過ごせ楽しかったです。


さて、ここからはひとりごと。


ひとつのコミュニティに長く属していると、どうしてもある時期、長く居すぎたな…と感じ始めてしまいます。

他人とのコミュニケーションが、どうも上手くいかなくなっている、と思い始めます。

元々、根底に人を信じきれないとこがあるし、同時に自分なんて…という自己評価の低さも相まって、その場にいることが、めんどくさくなります。
そして、その場から離れる。

そんなことを繰り返していると、孤独感とは別れられないわけで、常に自己嫌悪です。


そういう自分に気づいてからは、そういう自分も許せていたし、その場にいる本当の理由を大切にするように努めてきました。

しかし、やはり、そう感じ始めてしまったその場に属す事に時折苛立ちを覚えてしまいます。

どうすることも出来ない孤独感。

今、また、そんな孤独感に襲われています。

いちぬけた~と離れる事は、本当に自分の本意なのか…。
そうまでしてそこへ属す意味は何なのか。
この孤独感は、どこから来るのか…。

離れたくなっているのは、ステップアップのために必然なのかも…と思い始めています。
しかし、この場に属すことは自分のためではない…という初心も大切にしたいと思っているので、たぶんしばらくは離れる事はないでしょう。

その、暫くの間に、今よりさらに成長できて、またこの場が楽しくなるように、今は魂を磨いていくときなのかも…と、このブログを書きながら思えてきました。

孤独感は怒りをかきたてる…と以前書きましたが、今は、自分を高める…と思いたい。

種をまく前に畑を耕す準備として、今やるべき事を粛々とこなしていきたい。


やはり、書く事は、考えをまとめる最良のツールです。

非公開でもいい内容だけど、敢えて公開。


« 初心にカエル | トップページ | 68年目のヒロシマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/57933831

この記事へのトラックバック一覧です: ぶつぶつひとりごと:

« 初心にカエル | トップページ | 68年目のヒロシマ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ