« 68年目のヒロシマ | トップページ | 夏休みの情景・part 1 »

2013年8月 8日 (木)

リュウゼツラン(竜舌蘭)

先月から、すぐ近所の川土手に、にょきにょき伸びた不思議な植物があるな・・・と思っていると、どんどん背が高くなり、木(?)のようになり、何やら花らしきものまでつけてきて、その茎の下はサボテンかアロエの巨大化した物(・・・だと思い込んでた。)が確かあったはずだから、それが花を咲かせてるんだな・・・ぐらいに思っていました。

アロエも時折(数年に一度)花を咲かせる時、にょきにょき茎が伸びます。


その内、立ち止まってカメラを構える人。
乗り合わせて車で見に来るおばちゃんたち。
など、明らかに近所の人ではない物見に来られた人を、日に何人も見かけるようになり、
「珍しいものなんかな・・・?」
と思い始めた矢先、主人が仕事先で
「あれは、50~60年に一度しか花が咲かない。」
と聞いて帰り、地方紙の取材もきました。

P7260936

その、私が生きてる間には花を拝むことは、もうかなわいであろう植物の名は、『リュウゼツラン』。

メキシコを中心とした中南米の熱帯地方原産のリュウゼツラン科。
他にも種類があるらしいです。

原産国では10年に一度くらい花をつけるそうですが、日本では、30年~50年おき。

アロエとも種類が違うそうです。


この写真ではよく見えませんが、根元に大きなまさに竜の舌のような葉がアロエのように生えています。
その巨大アロエのような状態は、以前から見てたんだけど、あれは何だ?・・・とも思いもしなかった。

興味がない・・・というのは、存在さえ脳に残らないんだな~~、実感。


それにしても、見物に来る人が多いのは、もうこの先見ることがないかもしれないから・・・と思って来られてるんだ~~と、詳しい事を知って初めて分かった次第。

何か、ご利益があるのか・・・と、秘かに考えてた。


俗物的な思考だな・・・わたし。


ところで、息子は夏休みの宿題の科学研究にこのリュウゼツランを選びました。
写真撮って、ネットで調べて、それだけでレポートまとめるらしい。

図書館とか、事典とか、せめてwikipediaだけでなく、他のサイトも見てみんか?!

どこまでも、めんどうくさがりの息子・・・
宿題やるだけ良し・・・としないといけない、と母は自分に言い聞かせる。
探究心のかけらもない・・・ので、研究者などお勉強系の人には、決してなれないでしょう。


口出すまい・・・と思って、口は出さなくても、目が物語ってるだろう・・・きっと。

「この~横着者~~!!」

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

広島ブログ

« 68年目のヒロシマ | トップページ | 夏休みの情景・part 1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へぇ~名前は聞いたことあったけど、そんな貴重な花だったんですね!知らなかった~!
うちの近くで咲いてるって子耳にはさんだけど、そうとは知らないから見に行こうともしなかったわ。
もったいないことしたかも。

我が家に植わってるアガパンサス(よく公共機関なんかの植え込みに使われてる水色の花です)は
何年か前に、15年目にして初めて咲いて!!
すごく大きな花だったので、ご近所の人もこれはなんですか?って聞かれたりして、、
その後、3年に一回くらい咲いてます。
今年はその当たり年だったけど、花はだんだん小さくなってるような。。。
でも、なんかいいことあるかしら!?って思うことにしよう(^^;

makoさんへ。
リュウゼツランのことご存じだったのね。さすが・・・。
けっこういろんなところにあるらしいですね。
アガバンサスもそんなに大きな花をつけるのね。
何かいいことあるのかな~~?!楽しみね。
うちは、数年に一度実を付けるサイジョウ柿の木があって、ここ10年生らなかったので、もう生らないのかと思ってたら、今年は今のところブルブルと実を付けています。
久しぶりに吊るし柿ができそうで、秋が楽しみです。
今年はそういう年かしら・・・。

こんにちは。はじめまして。
リュウゼツランって園芸品種でありませんでしたっけ?
こんなに大きくなるものだとはしりませんでした。
中南米にはおもしろい植物がたくさんありますよね。
石ころにしか見えないサボテン(多肉植物)とか。

何十年に一度咲くなんて、人間よりうんと長命な植物ってほんとはすごい、と思わされます。
ものによっては百年以上間隔があくものもあるそうです。
昔、子供の本で見た記憶があります。

しかし、こんな道路際に生えてるなんて、びっくりです。
カジュアルすぎます。

猫まんなさんへ。

はじめまして。コメントありがとうございます。

リュウゼツラン、きっとご近所の誰かか過去に植えられたんだと思うのです。
私は、今回この植物の名前も初めて知ったぐらいなのですが、50年に一度・・・となると、にわかにざわめいて、見物人も大勢来られました。
人間より長生きで、永い間地域の変遷も見てきているのか・・・と思います。

でも、このあたり昔から田園が広がる日本の風景そのまま・・・だった地域なんですが(今は住宅街へと変わっています。)かなり不似合なんですよね。
誰が植えたかしりませんが、ほんと、おもしろいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/57950824

この記事へのトラックバック一覧です: リュウゼツラン(竜舌蘭):

« 68年目のヒロシマ | トップページ | 夏休みの情景・part 1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ