« ぶつぶつひとりごと | トップページ | リュウゼツラン(竜舌蘭) »

2013年8月 7日 (水)

68年目のヒロシマ

昨日は、68年目の広島原爆の日でした。
毎年、テレビの平和祈念式典を見ながら、黙とうをし、その後に続く市長の平和宣言を聞きます。

今年の松井市長の平和宣言は、核兵器廃絶への想いがこもった、とても熱くて深い内容だったと思います。


平和宣言全文 ←是非一読してみて下さい。


ノルウェーを中心にした核兵器を所持しない国々が集まり、核兵器全面禁止条約の早期実現を目指す動きがある中、唯一の被爆国である日本も参加を呼びかけられていますが、アメリカとの安保条約(アメリカの核の傘下に守られている。)を理由に、政府は今のところ参加の意向は示していません。

そういう事情を知ると、今年の平和宣言の内容が、ただの政府批判ではないことがみてとれます。

他国を攻撃するための武器を持つことを禁止する、世界に類のない日本の平和憲法は、占領下の米主導で作られた憲法だとしても、その理念の崇高さに勝るものはないと思うほど、本来なら誇らしく思うべきだと考えます。

向くべき方向が違えば、押し付けられた憲法になるのかもしれませんが、世界平和・核兵器禁止・・・のどこが間違っているといえるのか。
いかなる理由も、被爆者や全ての戦争犠牲者が願う「もう二度と戦争をおこしてはならない。」という叫びに比べれば、利己的な言葉にしか聞こえてきません。


そういう意味でも、市長の平和宣言に続いた安部首相のあいさつが、とても空々しく、まるで心に響いてこなかったのが、いまの政府の冷たさ・・・というか、国民目線でないことがそのまま表れていると思いました。

隣に座った子の腕があたった・・・ボクの方へ入ってきた・・・と言って小競り合いを始める子どものような世界を、未来を担う小さな子にみせたくない。

自分さえよければ、遠くの地で、故郷へも帰れない人がたくさんいたとしても知った事ではない・・・という相互扶助の理念が微塵もない世界など、みせたくない。



そのために、私が今できることは、受け入れがたい違う考えを持つ隣人を、理解するよう努力すること。


「そうなんだ~。」と、自分の思いも他人の想いも受け取れるような、“大人”でいたい・・・と自戒の思いも込めて、今日はかなりエラそうなブログです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村  

      にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

広島ブログ

« ぶつぶつひとりごと | トップページ | リュウゼツラン(竜舌蘭) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/57943503

この記事へのトラックバック一覧です: 68年目のヒロシマ:

« ぶつぶつひとりごと | トップページ | リュウゼツラン(竜舌蘭) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ