« CoCoMiのこころ~イベントのご報告part2 | トップページ | フラックスSの直線ストール完成 »

2013年6月27日 (木)

フラックスはやっぱり編みやすい・・・というお話

イベント用に小物を編んだり、タッティングをしたりしていたのですが、実は、仕事上はそんなことやってる場合じゃなくて、カルチャーでの講座に使うウエア物を2枚も編まなくてはいけない!!状態でした。

っていうか、今必死でそれ2点同時進行で編んでます。

P6260916

棒針でひたすら編んでいき、ショール兼マーガレットになる物を作ってます。

オリジナル編み図です。

使用糸は、フラックスS

P6260915

もう1点は、オリンパスの作品ですが、少しサイズも小さいので、糸と針の号数を変えて編んでいます。
フレンチスリーブのプルになる予定です。

これも、フラックス、こちらはC。


フラックスは、リネンと綿の混紡です。
最初に発売された年から使っていますが、他の同類の綿麻素材の糸と比べて、編みやすさ、毛羽立ち、肌触り、洗濯のしやすさ、どれをとってもひけを取らない使いやすさだと思います。

手編みをする上で、編みやすいことが一番重要なポイントですが、この編みやすさが、出来上がりの良さにも、その後の取り扱いの楽さにも関連してくる気がします。

リネン(麻)独特の毛羽立ちもほとんどなく、固さもほどほどにあるので、棒針にもかぎ針にも向いています。

何より、値段が手ごろ。
color も全色万人受けする色出しなので、生徒さんにも薦めやすく、とにかく私は気に入っています。

ハマナカさんのまわしものか・・・ってほど褒めまくってますが、でも、ここ数年の中でこのフラックスシリーズは、一番の出来…ではないかと思うんですよ。
メーカーさんにとっては全く的外れなこと言ってるかもしれませんが、それくらい、私はこの糸好きです。

どうか、長く、できれば永遠に見本帳から消えませんように・・・。

編険の研修会で、いつもレースの技法が講習されるのですが、今年はテネリーフでした。
テネリーフがどんな物か、またご紹介したいですが、とにかくこれ、編険の受験中でも、1、2を争うほど私の中で嫌いなもの(やりたくないもの)でしたが、今回の研修会でそのイメージがガラッと180度変わりました。

楽しい♡

このモチーフを使ったウエア物を見せていただいたのですが、もう、私の頭に、デザインがバーンと浮かんで、「作りた~~い!!」と心の中で叫びまくり。

あ~~!仕事も、浮世の義理も放り出して、テネリーフに没頭したい!!


その日が早く来るように、仕事編み・・・早く片付けます。。。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ    にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ     広島ブログ
にほんブログ村

« CoCoMiのこころ~イベントのご報告part2 | トップページ | フラックスSの直線ストール完成 »

編み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/57675707

この記事へのトラックバック一覧です: フラックスはやっぱり編みやすい・・・というお話:

« CoCoMiのこころ~イベントのご報告part2 | トップページ | フラックスSの直線ストール完成 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ