« 手仕事で、癒しと潤いは得られるか? | トップページ | 夏休みの総決算 »

2012年8月31日 (金)

唐突ですが…独白。

唐突ですが、とりとめのない話が書きたくて、久しぶりの更新をしていますが、編み物の事も、子育ての事も、日常のあれやこれやも出てきません。あくまでも独り言なので、ご了解下さい。

3.11の時、テレビから流れるにわかには信じがたい画像を見ながら、恐怖と悲嘆に暮れながらも、自分の周りは、当たり前のように日常が粛々と過ぎていき、働き、食事をし、暖かい部屋で休む事を、多少の後ろめたさがありながらも当たり前に過ごしていた。
計画停電で不自由な生活を強いられている人々がこの国の中にいることを知りながらも、自分の周囲は、何不自由のない生活が続いていた。

当たり前の事が当たり前でなくなっている状況を見聞きしながら、しかし、当たり前に続く毎日を、ごく普通に送っていた。 普通の生活ができることに感謝の気持ちを抱きつつも、何となく、心のどこかで後ろめたさも感じていた。

しかし、繰り返すが、毎日を普通に、不自由な事は何もなく暮らしていた。
この空の下のどこかで、様々に辛い出来事が起こっていようと、陽はまた昇るのだ。


周囲に、精神的にも肉体的にも日常とはあまりにもかけ離れた生活を送らざるを得ない人がいたとしても、それが我が身に降りかからなければ、私たちは、ご飯を食べ、労働をし、夜がくれば眠る。
そうでなければならない。そうでなければ、生きてはいけない。

生きるとは、きっと、そういうことなのだ。 だからこそ、日々一日一日を送り、今日出来ることを精一杯やらなければならないのだ。
普通の生活ができることに感謝したり、幸運に思う、その事よりもまずは、今日一日をとりあえず終え、明日もまた、明日できる事を粛々とこなそう。

明日の事を思い惑うな。明日は明日自ら思い惑わん。

聖書のこの言葉を今一度噛み締めて…。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

広島ブログ

« 手仕事で、癒しと潤いは得られるか? | トップページ | 夏休みの総決算 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・・・ なんかね 分かるよ
それとおんなじ事、「災害」と呼ばれる事が起きる度に考える。
それとね ちょっと違うけど、たとえば 仲良くしてる方の身内とかが
無くなって 人ごととは思えなくて、声をかけるのも戸惑う位、同じ気持ちに
なって 一緒に涙したとしても、
一歩その場から離れて 自分の日常に帰ると、心のどっかには
その事があったとしても、普通に笑えるし 冗談も言えるし。。。。ね
片隅の方で 申し訳ない と思いながらもやっぱり笑える自分がいるしね

けど そうでなくては生きていけんよね・・・・


kuuzaemonnさんへ。
コメントありがとう。
その通り、kuuzaemonnさんのコメの後半のような思いで、これ、書いたんよ。
思わせぶりな記事で申し訳ない・・・。でも、通じたんだね、嬉しいheart04

でも、ダメじゃね。
落ち込んでる時に書くと、後で気恥ずかしいやら、大げさすぎるわな・・・と後悔するやら(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/55550400

この記事へのトラックバック一覧です: 唐突ですが…独白。:

« 手仕事で、癒しと潤いは得られるか? | トップページ | 夏休みの総決算 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ