« お世話係は若葉マーク | トップページ | 春から初夏へ »

2012年4月13日 (金)

恒例お花見と、子(仔犬?)育てについて

みなさまがお住まいの地域では、桜の開花状況はいかがでしょうか?

私が暮らす地域では、目にするあたりでは、満開~散りかけ・・・といいた感じでしょうか。
いずれにしても、風が吹けば桜の花びらが舞う、春爛漫の景色があちこちで見られます。

今年も、そんな春の景色を眺めに、いつものメンバーでお花見に出かけました。

P4080168

出かけたのは、日曜日だったので、桜も今ほど咲き誇ってはなくて、早い樹で五分咲き・・・ってとこでしたが、今年も、バーベキューと海の景色と昼から飲むお酒を楽しんできました。

P4080170

今年子どもたちが楽しんだのは、野球。

息子たちから見れば、おじいちゃん、おばあちゃん、と言ってもよい?世代の人もいるこの集まり。(実際、お孫さんがいらっしゃる方もいる。)
人数不足で借り出されたおじいちゃん?おばあちゃん?、張り切って野球を楽しみました。
かなり風が強くて寒かったこの日。
ちょうどいい運動になったようです。

赤ちゃんの時からず~っと毎年このお花見に参加してる子どもたちにとっては、家族や親せきの大人とは違うよそのおじちゃん・おばちゃんに、こうして見守られながら育つことは、本当に幸せなことだな・・・と、つくづく感謝、感謝。

そして、今年も、元気で、お花見に出かけられたことに、素直に喜びを感じたい・・・そう思いました。



さて、我が家にやってきて今日でちょうど一週間となる柴犬ハチは・・・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村 広島ブログ

とりあえず、エサを与えてくれて、ウンチとオシッコの世話をしてくれて、安らかな寝床を与えてくれる・・・⇒私=お世話係、という認識はできてるみたいなんですが、そこから一歩上の段階、お世話係⇒お母さん(母犬の代わりのこれから先のお母さん)に、私がなれるかどうか、ハチに認識してもらえるかどうか、今そこのところを模索中。

『叱らないしつけ』については、賛否両論あるでしょうが、こちらのブログ 私は社会化のドッグトレーナー を拝見して、いたるところで人間の子育てに通じる言葉を発見し、↓の本もこれから読んでみるつもり。



仔犬は初めて飼いますが、息子を育てる上で、私にとっては、『叱らない』ということが本当に難しくて、色々と勉強を重ねた今でも、つい大きな声を発する時があります。
制御できない・・・と言ったらいいでしょうか。
怒りはじめると、どんどん怒りの感情が高まってきて、息子を追い詰め、なおかつなかなかその怒りが静まらない・・・といった状態が、赤ちゃん時代から続いていました。

暴力にこそ至らなかったですが、言葉の暴力を息子は受けていたことになります。
可愛そうなことをしたと、この後悔はずっと消えないと思います。

何故それ程に怒ってしまうのか。
様々に悩みました。
自分の中の消えない怒り・不安と恐怖、に気づいてからは、怒りが長続きしなくなり、怒りを感じる事柄もかなり減ってきました。(ゼロにはなりませんがコントロールできるようになってきました。)

そんな私にとって、『叱らない子育て』というのは、=『叱ってはいけない子育て』につながり、余計に不安をあおられ、罪悪感に縛られるキーワードでした。
しかし、ある時気づいたのですが、私が何故叱ってしまうか・・・と考えた時、
「叱らなければ、この子は悪い子になる。ちゃんとしつけなければ、ダメなお母さんと思われる。」
そういう恐怖が私には強くあります。
ゆえに、『いい子』にならない状態の息子を、叱り続けていたのだと、気づかされました。

これは、私の中の問題点です。
息子にはなんら落ち度はありません。

でも、なかなかこの問題点は、簡単には消えてくれません。

では、どうしたらいいか?

答えは簡単でした。

息子が私をイラつかせるような行動をとった時、なぜそうしたのかまずは私が心の中で考えてみる。
考えてもわからない時は、聞いてみる。
困った問題を抱えている時は、一緒に解決法を考えてやり、助けを求められたら可能な限り助けてやり、慰め、励まし、そして見守る。

これが、『叱らない子育て』につながることに、ようやく気づいたのでした。
叱らなくても子どもの困った行動は解決できるんだ・・・とやっと学習できたのです。

ハチに関しても同じことが言えます。

甘噛みをする・・・
トイレシートを片づけようとすると引っぱる(遊んでくれてると思っているらしい。)・・・
サークルを脱出しようと暴れる・・・

今のところ少し困ってるのはこんな点ですが、叱らなくても上手く乗り切る方法を、先日上記のブログで見つけて、それを実行中です。
どうやら、ハチにとっては、抱っこされると落ち着いて我にかえることができるようです。
しかし仔犬ですから、下へおろして解き放たれれば、また元のもくあみ・・・ってこともしょっちゅうですが、とにかく私や息子のそばが安心できるようにしてやることが、今は先決かな・・・と考えています。

『叱らなくても問題解決』
これが、今の私のキーワードです。

しかし・・・
編み物をする気が失せてしまって、こちらは、困った問題になってます。
ま、今しばらくは、可愛いうちの次男坊のお世話に明け暮れるとしますか。。。



« お世話係は若葉マーク | トップページ | 春から初夏へ »

子育て」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/54460520

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例お花見と、子(仔犬?)育てについて:

« お世話係は若葉マーク | トップページ | 春から初夏へ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ