« 連続モチーフのプルオーバー・進捗状況とマニュアル通りでいいのか? | トップページ | 連続編みのプル・進み具合と鼻の具合 »

2011年10月 5日 (水)

クロバーの新製品「アミュレ」買ってみました。

いつも行っている手芸屋さんの店長さんが、「アミュレが入ってきたので、先生使ってみてくださ~い。」とおっしゃるので、今編んでるプルで使用してる5/0号を買ってみました。

Pa040004_2

↑左から、チューリップ社(地元広島の会社)のエティモ、クロバーの新製品アミュレ、クロバーのペンE。

同じ5/0号。かぎ針は、クロバーのペンEが発売されて、即セットで買ってから、ず~っとペンEを使っているのですが、グリップに貼ってあるラバーが、長年使ってると取れてきて、よく使う号数からはがれていってます。
使用する上でこれといった支障はないのですが、でも、やっぱりラバーがある方がいい。
でも、針先はなんともないのに、同じ号数を買うのには抵抗がありました。

・・・で、エティモが出た時に試しに買ってみてよければセットで買おうかな・・・と思っていたのですが、グリップの感じはいいのだけど、針先が少し私にはあわなくて、結局セットで買う気にはなりませんでした。

アミュレは、グリップの感じは、エティモとほぼ同じ、針先のすべりや糸のひっかかりは、ペンEと同じ。
少しだけペンEより重いのかもしれませんが、ほとんど気にならない範囲。
説明書に、エンピツを持つように持つ・・・と書いてありますが、編み物の教科書通りの針先に中指を当てる持ち方で持っても大丈夫ですよ、もちろん。

手に汗をかく私は、針先のすべりがよい方が好みです。
それと、糸のかかり具合というのは、編んでみないとわからないですし、個人個人によっても、編み心地というのは微妙に違うでしょうから、あくまでも参考にとどめておいて下さいね。
ただ、現在、ペンEをお使いの方なら、針先は同じだと思うので、グリップの感じだけ。
グリップのない、昔ながらの針をお使いの方なら、グリップ付きの楽ちんさを体験してみて下さい。
楽・・・です。

アミュレの詳細は、クロバーのHP へ。

同じく、クロバーの新商品、切り替え式の「匠」輪針のセットも手にとって見てきました。
40㎝~120㎝、5サイズのコードがついているのはいいな・・・と思ったのですが、その分針の持ち手の部分が短い。
40㎝に合わせて作ってるからだと思うんですが、私は、40㎝の輪針で編む自体ちょっと編みにくいので、この針の短さではかなりイラっとするだろうな・・・と思い、ニットプロを持っているし・・・で購入はやめました。

でも、かぎ針のアミュレは、お値段もお手頃だし、色もかわいいし。。。
セットで買おうかな~~。

何だか、急に冬?みたいな寒さで、毛糸の物ひっぱり出さないといけないみたい。
この前まで、半袖だったのに、最近の季節の進み具合の一気さには、戸惑いますね。
体の調子も狂いがち。
風邪ひかないように、気をつけましょう。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
広島ブログ

« 連続モチーフのプルオーバー・進捗状況とマニュアル通りでいいのか? | トップページ | 連続編みのプル・進み具合と鼻の具合 »

編み物」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

私もクロバーの新しいかぎ針がきになってました。

ペンEを愛用してます。ラバーの部分は、クロバーに連絡したところ、張り替えていただきましたよ。もちろん無料で・・・・

一度問い合わせてみるといいですよ~

はるみさんへ。
初めまして、ようこそ。
やはり、張り替えてもらえるんですね。その話はどこかで聞いたのですが、めんどうでそのまま問い合わせもせずにいました。
ラバーがボロボロになった本数が増えてきたので、これを機に問い合わせてみます。
ありがとうございました。
アミュレ、色がかわいいので、持ってるだけで嬉しくなりそうですよhappy01
また遊びに来てくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/52914984

この記事へのトラックバック一覧です: クロバーの新製品「アミュレ」買ってみました。:

« 連続モチーフのプルオーバー・進捗状況とマニュアル通りでいいのか? | トップページ | 連続編みのプル・進み具合と鼻の具合 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ