« リーフィーの帽子の編み方・その2 | トップページ | イタ~イ!骨折 »

2011年5月30日 (月)

細編みの円の編み方と帽子の編み方・追記

昨日は、台風の影響で凄い降水量でした。私の住む地域は、幸い風はたいしたことなかったのですが、季節外れの台風に戸惑いますね。
今日は、台風一過、爽やかな晴れの天気です。

さて、昨日の記事で書き忘れた事があるので、追記しときます。
ニットでブリム(つば)のある帽子を作る時、クラウン(側面)とブリムの境目がだんだんと伸びてきます。
それを避けるため、クラウンの編み終わりの目に1段引き抜き編みを編んでおくと、伸び止めになるので型崩れせず良いのですが、今回のリーフィーは伸びが全くない和紙の糸なので、引き抜くことで伸びのない被りにくい物になる危険性もあるな~と思い、引き抜きなしで編みました。
しかし、出来上がってから、やはり気になったので、紐を編んでクラウンの最終段の松編みの穴を利用して紐を通しリボンに結びました。
子どもの帽子の場合、このリボンで調節することで大きさの自由がきいて、成長しても被れるという利点もあります。

それから、細編みで円を編む時のコツを知りたいと、ご質問を頂きました。

立ち上がりの位置が斜めにずれて目立つ・・・ということですが、円を編む時のように表だけみてぐるぐる編む場合、1段編めたら、最初の目に引き抜き、立ち上がって次段に進む・・・という手順でやると、どうしても立ち上がりが斜めにずれていきます。

P5260165

このスワッチもそうなっています。
糸がつながっている位置が立ち上がりのとこですが、そこも増し目をしてある所も斜めにずれ、風車のようになってます。
これには理由があって、かぎ針編みの特性なのですが、要するに表から見てグルグル編めば、誰が編んでも立ち上がりの位置がずれて見えるのです。

引き抜く位置を間違えていないのであれば、問題ない、わけです。

袋物の底のように目立たない所ならこのやり方で問題ないと思いますが、しかし、帽子のように、この円が丸々見えるところにくる場合、できるだけ目立たない方がいい・・・と思います。
そういう時には、引き抜き・立ち上がりをせず、なおかつ、増し目の位置も前段とは違う位置ですることで、↓このように目立たなくなるのです。

P5260166

もう少し詳しく書きます。

わの中に7目入れて編み始め、

P5300172 (1段目)

2段目に進む時、引き抜き・立ち上がりをせず、1段目の最初の目に細編みを編みます。

P5300173

段と段の境目がわかりにくくなるので、1段目から2段目にいく時に、別の糸を糸印としてはさんでおくとよいでしょう。

P5300174

2段目は、前段の目に2目づつ編んでいきます。

P5300175

2段目が編み終わりました。
7目増え、14目になっています。
3段目に進む前に、糸印の糸を抜いて、またはさみます。

P5300176

こうして、引き抜き・立ち上がりをせず、ぐるぐる編みます。
トップの最終段だけは、引き抜いて終りにして下さい。
(クラウンも細編みで編む場合は、そのままぐるぐる編んで大丈夫です。その場合は、最後の所だけは引き抜いて終りにして下さい。)

糸印のやり方は、昔どなたかに教えてもらったものですが、リングを使うなど他のやり方もあるかと思います。皆さんもご自分でわかりやすいやり方でやってみて下さい。

どうでしょうか?
編み物教室だと、実際に編んでみることができるので、そんなに難しいことではないのですが、こうして、文章にすると、何だかものすごく難しく感じられるかもしれませんね。
初めて、かぎ針で円を編まれる方は、引き抜き・立ち上がりをして、前段と同じ位置で増し目をするやり方で、ともかく一度円を編んでみること・・・をおすすめします。
何度か円を編んだことがある方は、一度上記のやり方に挑戦してみて下さい。

それから、表からだけ見てぐるぐる編むと、どうして立ち上がりの目がずれていくのか・・・。
これは、四角い物を表・裏と編んだ時には真っ直ぐなるのに、例えば袋をぐるぐると表側だけ見て編むと斜頚することと、理由は同じなのです。
かぎ針の目の特性によるものなのですが、これについては、いずれまた。
斜頚させないためには、袋物をつなぎなしでぐるぐる編む場合、表側からだけで編むのではなく、表から編んだら、次段は引き抜いたら裏返して裏から編むと斜頚しない・・・ということを覚えておいて欲しいです。

長くなりましたが、プチレッスンひとまず終了。
ティッシュ・ケースのプチレッスンはもう少しお待ちくださいね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
広島ブログ

« リーフィーの帽子の編み方・その2 | トップページ | イタ~イ!骨折 »

手編みのプチレッスン」カテゴリの記事

コメント

わぁ♪  納得ぅ~
まちがってる わけじゃなかったんだぁ@@
本のとかは斜めにずれてないように見えるので、、、、
編地を強引に引っ張ってみると何とかまっすぐになったりもするけどね、、
パピィの糸は手芸やさんにはおいてないので街中の糸やさんまで行かないと行けない><
思い切ってネット購入して見ようかなぁ?
早く編みたいなっと♪♪

kuuzaemonnさんへ。
納得いただけて嬉しいです。
私の教室でも、かぎ針で中心から編む物を取り上げる時は、説明に時間をかけます。
覚えてしまえば簡単なことなのですが、かぎ針の特性を知って頂きたいので、詳しくお話します。
でも、それも、kuuzaemonnさんのように、ずっと、「ここどうなんだろう?」という疑問を持っていらっしゃれば、納得していただけるわけです。
できるだけ綺麗に編もうとされるkuuzaemonnさんは、ステキです。
帽子編んでみてくださいね。happy01

初めまして。
本を片手にエコアンダリアで帽子を初めて編んでいました。

本の網図では立上がり目のところ斜めになっていない、
写真も斜めになっているところは見えないので
どうして私は斜めになっていっちゃうのか、
悩んでここにたどり着きました。

「かぎ針の目の特性で表側だけ見て編むと斜頚する」

納得しました。そうゆうことだったのかと。
文章での説明、丁寧で分かりやすかったです。
ありがとうございます。

miku3uさんへ。
ご訪問ありがとうございます。
少しでも参考になったのであれば幸いです。
エコアンダリアで編まれていらっしゃるのですね。頑張って編んで下さい。
本を見ながらの独学は大変でしょうが、編み物の楽しさをこれからも一杯味わってくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/51809068

この記事へのトラックバック一覧です: 細編みの円の編み方と帽子の編み方・追記:

« リーフィーの帽子の編み方・その2 | トップページ | イタ~イ!骨折 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ