« リーフィーのバック完成 | トップページ | リーフィーの帽子の編み方・その2 »

2011年5月26日 (木)

リーフィーの帽子の編み方について

先日のリーフィーで編んだ夏帽子の記事へ、kuuzaemonnさんから掲載本を教えて欲しい・・・というコメントをいただきました。
しかし、これ↓私が適当に編んだ物なので、編み図はありません。

Photo_2

記事にした時に、ちゃんとその事を書けばよいものを、気がきかなくて申し訳ない事をしました。

でも、これ、「トップから細編みで編む帽子」の編み図さえあれば、そんなに難しくないので、本日、編み方をプチレッスンします。
久々の、『手編みのて・プチレッスン』

編み図は載せませんので、申し訳ありませんが、「トップから細編みで編む帽子」の編み図(本)をご用意くださいね。
糸は、リーフィーでもエコアンダリアでも、その他の糸でも、毛糸でもなんでもOKです。
ただし、帽子にするには、あまり細過ぎない物がよいです。ある程度のかっちり感を出すには、使用かぎ針が6/0~7/0号程度の糸の太さが適していると思います。

お手持ちの、「トップから細編みで編む帽子」の編み図通り、分散増し目をしながらトップを編みます。
段数は、糸によって(ゲージによって)違うので、寸法を基準にして下さい。
大人の女性用(標準頭周り56cm)で、トップの円の直径・17~18cmが目安ですが、ご自分の頭周りの寸法にもよりますし、デザインによっても直径は変わってきます。
ちなみに、私がお気に入りのサイズは、トップの直径19センチと少し大きめ。
画像の帽子は、子ども用なので、16センチです。

分散増し目の説明もしておきます。
細編みで中心から円に編む場合、6目か7目を中心にして編み始め、最初の目数の倍数で増えていきます。
ここでは、画像の帽子と同じ7目で説明しますが、1段目 7目→2段目 14目→3段目 21目・・・というふうに、7目づつ増やします。

編み図によっては、同じところで増し目をしてあるものと、前段とは違う位置で増し目をしてあるものと、やり方が違うことがあります。
また、段の終りを引き抜き次段の初めを立ち上がってあるものと、引き抜き・立ち上がりをせずにぐるぐる編んであるものとあります。

P5260165
↑同じ位置で増し目すると、このように風車みたいな線が入ります。

P5260166
↑増し目の位置をずらすことで、角は目立ちません。

どちらでもよいのですが、出来上がりがきれいなのは、前段とは違う位置で増し目をし、引き抜き・立ち上がりをしないぐるぐる編む方がよりきれいです。
しかし、初めて細編みで円に編まれる方は、前段の増し目と同じ位置で増し、引き抜き・立ち上がりをした方がわかりやすいと思います。
画像の帽子は、前者のやり方です。増し目の位置も、段の境目も目立っていないかと思います。

それから、注意点がもうひとつ。
円を平らに編むには、正しい細編みが編めることが前提です。
増し目の数もあってるのに、おわんのように丸まったり、反対にフリルが出て波うってるようになってしまう時は、細編みの足が、前者は高さが高すぎ、後者は足が低すぎるということになります。
以前も書きましたが、細編みは、例えば20目を20段編んだ物が、正方形になっていれば正しい細編みが編めているといえます。

欲しい寸法まで編めたら、続けてクラウン(側面の部分)を編みますが、クラウンは増減なしで編むので、少し気が楽です。

・・・で、少々疲れたので、今日はここまで。
丸いきれいな円ができましたか~?
クラウンとブリム(つばの部分)はまた今度。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
広島ブログ


中国・四国・近畿が入梅したそうです。
例年より10~12日ほど早いそうですが、梅雨明けも早いんだろうか?梅雨の中休みがあるんだろうか?それともず~っとジメジメなんだろうか?

天候ぐらい、順調であって欲しいと、節に願う!!

« リーフィーのバック完成 | トップページ | リーフィーの帽子の編み方・その2 »

手編みのプチレッスン」カテゴリの記事

コメント

えーーもう梅雨入りですか!?
って、ここに書くことでもないですが、今見て知ったのでcoldsweats01

今年こそ(毎年言ってますが)、帽子を編みたいと思っているので
ふむふむと思いながら読みました。
エコアンダリアがそんなに手ごわいと知らなかったので、覚悟ができましたよ(笑)
この夏はがんばってやってみよう~

でも「ただしい細編み」ができているか不安ですcoldsweats01

makoさんへ。
こんばんは。そうなの~、もう入梅なの~~。私冬物の洗濯物が一杯残ってるのに・・・困ったdown
細編み、私も随分長いこと円を編むとおわんのようになってたんですよ。編み物って、ほんと奥が深い・・・と思います。
エコアンダリアは本当に覚悟して編んで下さい。・・・っておどしてどうする・・・ですが。
編んだ帽子は風に飛ばされないので、自転車に乗る方には便利ですよ。
makoさんの手編み帽子、見てみたいですheart02

わぁ@@  私のためにありがとうっ^^
早速 って言うか、、糸がないのでかって来次第良く読んで編んでみまーす♪
けど ちょっと質問!  丸いものとかぐるぐると編みあがるもの、
何度やり直しても 立ち上がりの目のところが斜めにずれていって
そこが凄くめだつんだけど taeneeさんのには 全然ずれも立ち上がりの箇所がどこかが
わからない@@
コツと秘訣は??  
何度もなんどもゴメンナサイ><  m(..)m

kuuzemonnさんへ。
早速読んでいただきありがとうございます。
帽子は慣れると編み図なしで編めるので、一度記事にしたかったので、こちらこそ機会を頂き感謝です。
さて、ご質問の件ですが、円を編む時、引き抜き・立ち上がりをすれば、どなたが編んでも斜めにすじが入ります。↑のスワッチのミントグリーンの方は、引き抜き・立ち上がりをしているので、画像ではわかりにくいかもしれませんが、その位置は目立ちます。
これには理由があるのですが、今それを書くと繁雑になるので省略しますが、スワッチのピンクの方は引き抜き・立ち上がりをしてないので、目立たない・・・というか、引き抜き・立ち上がりがない・・・のです。
1段編んだら、引き抜き・立ち上がりをせず、最初の目にそのまま細編みを編み、それを2段目の最初の目とします。そうやって、ぐるぐる編んでいきます。
おわかりいただけたかしら?
この帽子の編み方について書き忘れたこともあるので、その辺の事を含め、また記事にしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/51769209

この記事へのトラックバック一覧です: リーフィーの帽子の編み方について:

« リーフィーのバック完成 | トップページ | リーフィーの帽子の編み方・その2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ