« 方眼編みプル(毛糸だまNo.149掲載作品)進捗状況 | トップページ | 被災地へスクールバックを・・・その2 »

2011年4月 7日 (木)

春休み最後の日曜日・続き

先日の記事の続き。

お昼ご飯を求めて岡山県入りした車は、R313を北上。
運転手をしてくれた友人一家の旦那さんS氏が、以前から訪れたかった高梁市吹屋へ行くことに。

しかし、この313沿いは、あまり食事ができるようなお店がない。
「どこまで行くん~~!おなかすいた~~~!!」
と小学生2人が訴える中、川上町を通過中に、倉庫か工場らしき建物の壁に、『手打ちうどん』の文字を発見。

「何あれ、何あれ???」
隣には立派なログハウスと「うどん」の幟。

「わ~い!!お昼ご飯だ!!」

手打ちうどん はすや


画像がない(デジカメのバッテリー切れ・・・トホホ・・・)ので、↑こちらのサイトからどうぞ。

お店の名の由来でしょうか、お店の前には、はすが育つのであろう田んぼがあり、立派なログハウスの周囲には綺麗な花々。
営業時間の14時は過ぎていたのですが、快く迎え入れて下さいました。

そして、何より、ご主人の手打ちのうどんが、ほんとに美味しい四国が近い地域に暮らしているので、「うどんはコシとだし!!」と普段からうどんにうるさい私たちですが、久しぶりに納得の味・・・でした。

やっと、お腹も満腹になり、目指すは、べんがらと古い町並みの吹屋。

Photo_4

銅山があったので、江戸時代ここは天領でした。
さすが天領だっただけあり、立派な家々が街道に並んでいます。
天領では、租税が比較的緩やかだったため、領民が豊かで、立派な町並みが残っている所が多い・・・と司馬遼太郎さんの著書にあります。
九州の日田、岡山の倉敷など・・・。

その反面では、厳しい税のため苦しんだ人々もいて、歴史を旅するということは、現在の日本を考える上でも、大切な事を教えてくれます。


お天気は午後から持ち直し、青空がでてきたのですが、あいにく北風が冷たい一日でした。
でも、春休み最後の日曜日、楽しい時間が過ごせたことに、感謝したいです。
気分一新。
4月からの新しい生活も、張り切っていきましょう!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
広島ブログ

« 方眼編みプル(毛糸だまNo.149掲載作品)進捗状況 | トップページ | 被災地へスクールバックを・・・その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/51307240

この記事へのトラックバック一覧です: 春休み最後の日曜日・続き:

« 方眼編みプル(毛糸だまNo.149掲載作品)進捗状況 | トップページ | 被災地へスクールバックを・・・その2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ