« 親子陶芸教室 | トップページ | 猛暑の2学期と袖は2枚一緒に。 »

2010年8月30日 (月)

立体モチーフを編むコツ

先日、ワンデイ講習のお知らせ の記事を書いたところ、コメントを残してくださった pontaさん が、立体モチーフのコツをそっと教えて~とおっしゃっていたので、そ~っとお教えします。

立体のモチーフも色々な編み図があります。
クロッシェ・レース(かぎ針で編まれたもの)で立体といえば、アイリッシュクロッシェ・・・がよく知られていますね。
でも、最近よく販売されている、モチーフの本には、それ以外でも立体のものがたくさん載っています。
いずれにしても、基本は、「編み図をよく見て、編み図の指示通りに編む。」
こう言ってしまったら、みも蓋もない・・・ですが、でも、かぎ針は特に編み図を正しく読み取ることが大事ですし、そのためには記号を正しく理解することも大切だと、私は思います。

さてさて・・・
ワンデイ講習用のモチーフは、
[細編みを輪に編み、その細編みの向こう半目をすくって鎖編みの花びらを作り、その後、手前半目をすくって先ほどより小さめの花びらを作る]
・・・だけの立体とは言えない物ですので、今日は、アイリッシュクロッシェの代表的なモチーフ、バラのモチーフのコツを少しお伝えします。
コレ↓

Photo

1段目は、指定の数の細編みを輪で編みます。
2段目は、細編みと鎖(これは3目)を編みます。

Photo_2
3段目に、花びらを編んでいくのですが、一枚の花びらに、<細編み・中長編み・長編み(ものによっては長々編みも。)>と長さの違う編み目が入るので、それぞれの長さを正確に編むのが、綺麗に編むコツです。
中長編みは、細編みの2倍に、長編みは、細編みの3倍になるのが目安です。中長も長編みも足が短いか、もしくは長すぎる・・・ということがないように気をつけないといけません。

Photo_4

4段目は、前段で編んだ花びらを手前に倒すようにして、次の花びらの土台を編んでいきます。
その時、大方の編み図が、前々段の細編みの上に細編みを編むように書いてあります。
前段で編んだ花びらが邪魔ですし、花びらの裏に土台の鎖がこないといけないので、花びらを手前に倒し、針を画像のように、前々段の細編みに入れ、細編みと鎖(今回は5目)を編みます。

Photo_5

モチーフの裏側に土台が編めていきます。

Photo_6

↑こんな感じ。

5段目は、4段目で編んだ土台に2個目の花びらを指定の目数編みます。

Photo_7

こうして、段々になって立体になっていきます。
今回は、花びらは2段ですが、これを繰り返して3段、4段と花びらを重ねていく事ができます。



エミーグランデで編んだので、マクラメ結びで作った紐をつけて、先日壊してしまった携帯ストラップにしてみました。

Photo_8

画像も文章もあまりわかりやすいとは言えない・・・かも・・・ですが、立体モチーフのコツ、少しはおわかり頂けたでしょうか?

色んな立体モチーフがあるので、色々挑戦してみて下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
広島ブログ

« 親子陶芸教室 | トップページ | 猛暑の2学期と袖は2枚一緒に。 »

編み物」カテゴリの記事

コメント

さすがですねー
先日いただいた作品ももちろんですが、
編み目がほんとに揃っていて綺麗です☆
「それぞれの長さを正確に編む」これが難しい。

それから、この間の陶芸体験はブログに載せるのを控えることにしました。
今通っている教室の先生や生徒さんもご覧になっているのと、近々行く予定なので(^^;
焼き上がってから、夏休みの思い出として載せようと思います^^

makoさんへ。
最近、老眼で、かぎ針の目が揃いにくくなっていて・・・困ったもんです。

陶芸体験の記事の事了解です。
makoさんのご事情はよくわかります。こちらへのお気使いは無用ですよ。でも、ありがとうございます。

今日も暑くなりましたね。夕立が恋しい毎日です。

さすがだわ~と、画面を見ながら、ふむふむと頷いている
杏湖ですよ(*゚ー゚*)

やはり、基礎をきっちり教えてもらえると、その後の
応用に活かせる範囲がかなり広がりますもん☆
ネットの世界は、本当にいろいろな広がりがあって
いい世の中になったものだな~と、思う年代になりましたwink
そ~っと、というのも可愛いわあ。

私は祖母から教えてもらったので、我流+我流の今現在。
もし、叶うなら、基礎から習いたいなぁ~と思いますもの。

出来上がりのブルーのストラップが素敵ですよね~heart

杏湖さんへ。
コメントありがとうございます。
ネットで学ぼうと思ったら、何でも学べる時代になりましたね。便利だけど、アナログ人間には、少し戸惑うこともあります。
今回も、編み図を載せた上での説明の方がわかりやすい・・・とは思ったのですが、オリジナルではないので、(古くからあるデザインですが・・・)編み図を載せることはやめました。
画像の撮影も下手だし、文章も下手ですが、また、こういったコツを、そ~っと載せたい(笑)です。

こんばんわ~(*^-^)
随分とPCをほったらかしてたら・・・

ありがとうございます( ^ω^)おっおっおっ
やっぱ何事も基本をキッチリ・・・ですよね~~。
網目の長さ!!なかなか正確??には編めない・・(;´д`)トホホ…
性格が大ざっぱで不器用なので・・・。
しかし!taeneeさんのアドバイスをしっかり肝に?命じて?編み編みしてみます。
これからも・・・色々教えて下さいね。
・・・こっそり。ね(≧∇≦)

pontaさんへ。
お忙しい中、コメントありがとうございます。
参考になったかどうか???
でも、私も大雑把で適当人間なんで、ごまかしの多いこと、多いこと・・・。
基本、といっても、棒針ならメリアス編み、かぎ針なら細編み・長編みが正確に編めるっていうのが、案外難しいです。私も長いこと、メリアス編みも長編みも目は揃ってても、適正ゲージではなく、きつすぎる編み方でした。
あまりこだわり過ぎず、何もない1本の糸から、形を作っていく過程を楽しんで頂きたい・・・と思います。
pontaさん、もう充分可愛いあみぐるみの世界を楽しんでおられますもの!これからも、楽しみにブログ拝見させていただきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/49294651

この記事へのトラックバック一覧です: 立体モチーフを編むコツ:

« 親子陶芸教室 | トップページ | 猛暑の2学期と袖は2枚一緒に。 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ