« 赤いメダカ | トップページ | ハマナカ、秋冬研修会 »

2010年7月16日 (金)

洪水にまつわる思い出

マクラメでブレスレットを作りました。
講習会の見本にします。

Photo_2

黒にみえますが、茶色の化繊のロープで、平結び。
ほとんど、何がなんだかわかりにくいですね。
もう一方は、以前作った物。
同じくマクラメの変わり結びです。


引き続き、全国で、大雨の被害が広がっています。
広島県内もあちこち洪水、土石流で、本当に心配です。

私は、今から30数年前、小学5年生の9月に、集中豪雨による災害を経験しています。
放課後、図書室にいたのですが、どんどんひどくなる雷雨に、慌てて帰宅しました。
あの時、生まれて初めて空を引き裂く稲妻を、図書室の窓から見たのを覚えています。

帰宅後1時間もしない内に、ガラス窓に茶色い流れが映っているのをぼんやり眺めながら、どうして、道路が茶色いんだろう・・・とのん気な事を考えていました。
祖母を呼んで、外へ出てみて、ビックリ。

家の前の道路は、川になり、濁流が流れ、大きな木が浮かんで流れて行くのが見えました。
山のあちこちが崩れ、土石流となって町中に流れたのでした。
幸い我が家は、冠水を免れましたが、ほとんどの家が床下浸水となり、死亡者も出ました。
学校は数日休みとなり(学校にも土砂が流れ込んだので。)、町中消毒と土砂の臭いにあふれました。

今も、集中豪雨のニュースを聞くと、あの時の、家の前を流れる濁流が思い出されます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
広島ブログ

« 赤いメダカ | トップページ | ハマナカ、秋冬研修会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

編み物以外のハンドメイド」カテゴリの記事

コメント

taeneeさんも小学生の時、怖い経験をされたのですね。私は工房が山間にありますので
川の氾濫や土石流のすさまじさを、目にしますが、小学生の頃は台風による暴風の怖かった記憶があります。最近はゲリラ豪雨というのが怖いですね。

童心庵さまへ。
コメントありがとうございます。
自然が牙をむくと、本当に恐いですね。
今回の豪雨で被災された方々が、一刻も早く、元の生活に戻られることを祈るのみです。

おはようございます! 梅雨が明けて、すっかり夏空になりましたね。
今朝、出勤途中でワシワシと鳴く蝉の声を聞き、一気に気温が上がった気がしました(-"-;)

私は土石流にあったことはないけど、両親が九州育ちなので台風対策はバッチリしておかないと安心出来ないタイプです。
台風が来ると言えば、水と食料買い出し、懐中電灯・ラジオ・持ち出し袋の点検、家の回りの片付け、断水に備えてお風呂を綺麗に洗って水をはっておく……などなど数えきれないほどの準備をしないと落ち着きません(>_<)
広島市は割りと台風被害に良く遭うので「昨日の台風で車庫壊れたんよ」とかは学校で普通の会話だったんよ。
福山へ越して来て、皆が言うように、確かに福山は自然災害を受けにくい土地柄のようだけど、危機管理とか防災意識って言うのが余りにも薄くて気になります。
この5年の間にも、大分の叔母宅は土石流に2度もあい、山口の錦川沿いに住む私の祖父は錦川の氾濫で3日も孤立しました。
そして我が家も床下浸水を経験。
もうなにが起こってもおかしくない環境になっているんでしょうか…
それなら、せめて自分自身と自分の家族は守れるよう備えなければ!と強く思います。

えび子ちゃんへ。
すっかり、夏!だね。恐怖の夏休みを前に、恐れおののくtaeneeでございます( ̄▽ ̄)
本当に、この町は、災害に遭いにくい住みやすい町なのかも・・・。でも、自然に打ち勝つ完璧な方法はないわけだから、えび子ちゃんが言うように、謙虚に備えるしかない・・・と私は思います。
一度でも恐い思いをすると、警報・・・って聞いただけで、構えちゃうよね。
これから、台風もやってくるし、ゲリラ豪雨なんてやっかいなものもあるし、ちゃんと危険へのアンテナ張ってないとね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/48894100

この記事へのトラックバック一覧です: 洪水にまつわる思い出:

« 赤いメダカ | トップページ | ハマナカ、秋冬研修会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ