« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

心の栄養剤

「トモ、ぼくは元気です」香坂 直著:講談社
を読みました。

近くの公民館のこども文庫に毎週息子と通っています。春休みに入った先週は、時間もいつもよりは取れたので、私も何か借りようと本棚を物色中に、私の指先がこの本を選びました。本に呼ばれたとか…いう感覚を持たれる方は多いと思います。私の場合は、指先が「この本いいよ〜!」と教えてくれる感じで選んだ本は、その時の気持ちにドンピシャ、直球ど真ん中〜な事が多いです。不思議です。

こども文庫にある本なのでこども向けの本しか置いていないので、この本も勿論児童書で、高学年向け。

受験を控えた小学6年生の男の子の夏休みが、大阪の庶民的な商店街を舞台に描かれています。

何やら問題を抱え、苦しんでいる主人公は、祖父母の暮らす大阪で家族と一人離れ夏休みを過ごすために逃げて来ます。
読み進める内に、主人公や周囲の抱える問題が明らかとなり、逃げ出して来た主人公の辛さがひしひしと伝わってきました。

こども達がこれを読んでどんな感想を持つのか知りたいですが、この本は、大人、特に子育て中のお父さん・お母さんが読むとぐっとくるものがあると思います。

親は、グチャグチャ言わず度胸を決めて待たなくてはならない…とか、本当にわかり合える友達は近くにいなくても、たまにしか会えなくても大丈夫なんだ…とか、こどもの力を信じ見守る事の大切さとか、本当の自分に気づいた時の絶望感の後に訪れる強さ…とか、短いお話の中にたくさんの気づきがあり、溢れ出る涙の後に暖かいものが胸に広がってきました。

こどもに宛ててのメッセージとしても、とても大切な事が書かれていると思います。
ただどうしても大人に宛てたメッセージの方が際立っているように思えるのですが…こどもの心にはどう響くのでしょう?気になります。
いつかうちの息子が読む事があれば、是非感想を聞いてみたいですね。

春休み、ついついイライラして息子を暖かい目で見守る事を忘れ、眉を吊り上げ気味にしていた私は、心の疲れを補給してもらえたようで、増え続けていた眉間のシワが少し伸びたかも…な本でした。

2010年3月27日 (土)

スポーツ観戦を楽しむ

ついにプロ野球・セ・リーグが開幕しましたね。
我らがカープ開幕戦を見事勝利で飾りました。
野村新監督初勝利おめでとうございます。
今シーズンは、個人的に楽しみにしている事がありまして、きっといつもにも増してテレビ観戦も増えるだろう…と思っとります。

大好きな人がカープのユニホームを着て帰ってきてくれました。

大野コーチ…。
その凛々しいお姿が見られるかと思うと、あ〜久々にドキドキするわ〜〜!
ピッチャー交替って、そうそう頻繁にあっては困るもんだけど、大野コーチが出て来る〜となると変に期待してしまいそうです。

ところで、今朝のフィギュアスケート見ました?
いやー、快挙でしたね。高橋選手!
いつも以上に素敵な演技でした。オリンピックのメダリスト2人が欠場とは言え、得点はその時の2人の点を超えての立派な世界選手権制覇だと思います。
4回転は着氷にミスもあったけど、転ばなかったし、体のキレも良かったみたいでステップの美しさはオリンピック以上でしたね。

今シーズンの高橋選手のフリープログラムは、彼の雰囲気にぴったり合っていて、とても素敵で、私は大好きでした。ある意味来シーズンが心配になるくらい、完璧に近いプログラムじゃないかな?と思っていました。

でも、今日の余裕とも思える演技を見て、もっと違う彼が見れるんじゃないかと思い始めました。
怪我を乗り越え、精神的に強くなったからか、演技がしなやかに深みが増している感じ。

確かなスケーティング技術に裏打ちされた華麗なステップを、来シーズンも楽しみにしています。

さあ、今度は女子。
オリンピックの悔しさをバネに、ガンバレ真央ちゃん!

2010年3月23日 (火)

つくしの佃煮

昨年のこの時期にも書きましたが→過去記事はコチラ
うちから歩いて1分の空き地に、つくしがわんさか生える所があります。
一時途絶えて、また生え出したのはここ数年。
毎年息子とつんでは、卵とじにしています。
ちなみに、息子は、つくし摘むのは好きですが、食べるのは苦手。

今年は、何故か姑ががぜん張り切って、通りがかるたびに摘んで来てくれて、この一週間、ほぼ毎日食べてました。さすがにそろそろあきてきた。

Dvc00004 昨日「もう最後にする。」
と、さすがに姑もあきたらしいです。
で、3日分のつくしを湯通しして、

Dvc00005

水にさらし、醤油・酒・みりん・たかのつめ・砂糖で佃煮にしました。

Dvc00010

旦那は、「卵とじの方がよかった・・・。」
らしいですが、つくしは、花粉症にいいらしいので(旦那は花粉症)、文句言わずに食ってください!!

遠くまで行かなくても、こんな近くで食材が手に入ると、買い物嫌いの私は益々スーパーから足が遠のきます。
故に、自分でも驚くほど冷蔵庫が空っぽです。
冷蔵庫のチェックが趣味の旦那は、冷蔵庫のドアを開けてはため息ついてます。
アハハ・・・、明日は買い物行きますわ~。
さすがに、私も、名前もつけられない超適当料理の種もつきましたわ~。

2010年3月18日 (木)

トーションレースのストールと編みかけ

久しぶりの更新となりました。
特に忙しかったわけではありませんが、何故か、パソコンを開ける時間がなくて。
九州の叔母夫婦が実家に遊びに来たので、出かけたりしてました。

編み物も春夏の研修会や展示会もあったり、色々新製品も発売されていて、楽しくなってきますね。
私も春夏用の作品見本の作成に励んでいます。

トーションレースを使ったストールを作りました。

Dvc00001_13

今春夏、ハマナカさんもトーションレースに編みつけるタイプに力を入れてるみたいで、人気のフラックスに合わせて作られたトーションレースが展示会でも見られました。

これは、市販のトーションレースに、30番のレース糸でネット編みを編みつけました。




初心者の方向けの見本に・・・と思っていますが、シンプルなとこが、私好みなので、このまま使いたい気分。

なので、もう1本トーションレースを使ったストールを作る予定です。


そして、これまた、作品見本にと編み始めた物。

Dvc00022

昨年人気だったフラックスSを使ってベストを作り始めました。

Dvc00021_3

裾も前立ても一緒に編んでいきます。
こちらは、ハマナカの春夏研修会のテーマ作品のひとつ。
本来は別の糸を使用するんですが、フラックスシリーズは、好きな糸だし、今シーズン色数も増えているので、こちらを使うことにしました。
このベストは、対象が少し年配の方向け。
でも、フラックスは好きな糸なので、これまた仕上がりが楽しみです。

透かし柄のプルはどうなったか???

いやはや・・・すでに私の中では過去の物となりつつあります。
来シーズンまで、物置の住人となるんでしょうね~。
せめて、後身頃だけは仕上げたい・・・とは思っていますが・・・(?!)
いつもの事だ。気にすまい・・・。


2010年3月12日 (金)

ヘアゴムをホワイトデーに

先日、ブログ友のあみこさんのブログであみこさん作成のリボンシュシュを見て、私も作ろう!!っと真似っこさせていただきました。

Dvc00018
あみこさんは、ピンクの可愛いシュシュにされていて、確かな技術をお持ちのあみこさんにはかなわないのですが、適当に作ってみましたよ。
オリンパスのエミーグランデハーブス使用。

ついでにこんなのも・・・。

Dvc00017

ハートのモチーフのヘアゴム。
小花のモチーフは、つけるかどうか思案中。ちょっと盛りすぎかと思ったりしてます。どうかなあ~?

どちらも、ホワイトデーに、可愛い女の子の元に行く予定です。
あみこさんも書かれてるけど、男の子しかいないので、こういう可愛い系は普段あまり目にしません。なので、ギャルの間で今どんなのが流行りなのかも知らなかったりするわけです。
でも、やっぱり、こういうの作ってると嬉しくなるなあ~~!
小さくて可愛い物って、女の子の必需品ですものね。

私が、女の子の範囲に入るかどうか・・・法律に触れないかどうか・・・は、この際無視して下さい。

このところ、落ち込む出来事が続いて、(息子の例の件だけでなく・・・。)何だか、全般的にやる気モードが低下中です。
でも、こうして、自分で作った物にちょっとばかし癒され、ファンタジー小説に涙しながら、自分を鼓舞し何とか日々過ごしています。
はあ~、いつまでこんな気分沈滞ムードが続くかしら・・・。

今の私は、とんでもない事言ったりやらかしたりしそうで、出来れば、穴掘ってもぐっていたい気分。
季節の変わり目だから、ちょっとおかしくなってんのかな~~。

すいません。最近の私の記事、負のオーラ出しまくりです。
しばらく、ごかんべんを・・・。

2010年3月 9日 (火)

レース編みでモチーフ

今朝は雪が思いのほかドッと降ってビックリしました。
一時は屋根にも積もり、木も雪化粧。昼前には雨に変わり、その雪もとけてしまったけど寒い一日でした。

そんな寒い日は、家の中で編み編みしてるのが一番。
今日は、午後からテレビを見ながら、こんなの作りました。

P3090531

レース糸で編んだモチーフの数々。
これが何になるかはまだ未定です。
何かと慌しいこのところ。ろくに編み物も進んでませんが、そろそろ落ち着けそうなので、本腰入れて春夏物を編みたいと思います。

しかし、こちらの透かし柄のプル。

P3090534

そで下まで後数段のとこまできました。
編み図の着丈より少し長くしたいな~と思い始めたので、もう数cmは編まないといけない。
これは・・・ひょっとすると・・・いつもの・・・
来シーズンへの持ち越し・・・になるかも、です。
やっと模様も覚えたとこだし、せめて身頃だけでも完成させとこうかな?
でも、春夏物も急ぐしなあ~~。
あ~~いつもこのシーズンの境目に訪れる、先に行きたいけど鎖につながれて進めないイライラした感じ・・・どうにかならないかしら?

さっさと編んでしまえばいいだけなんですが、桜が満開できれいなのに、そこへ行くことが許されないとしたら、哀しいでしょ~~。
・・・って、よくわからない喩えですみません。

宿題しないといけないのに、ついつい新しいおもちゃで遊んじゃう息子と同じ。
今も、隣の部屋でまったりとブロックつついてる。
親子して、易きに流されてる・・・。
まっいっか。
楽しいもんねぇ。
(ほんとに、いいのか、それで!!)

2010年3月 5日 (金)

息子の不運・・・その後

息子(小2)の不運の記事に、たくさんの方からコメントを頂き、心から感謝申し上げます。
私としては、自分の中にこみ上げてくる怒りをブログにぶつけてスッキリさせたかったこともあり、当の息子にしてみれば、そんな事公表せんでくれ!・・・ってとこだと思います。coldsweats01
(息子は、このブログの存在は知らないし・・・。)
でも、こんなにたくさんの励ましのコメントを頂き、嬉しさと共に正直ビックリもしました。
皆様の優しさに感謝申し上げます。
そして、あの記事はちょっと舌足らずな面もあると思ったので、追記の意味と皆様への感謝の気持ちを込め、その後・・・をお知らせしたいと思います。


以前にもこういった事があり、その時は、息子が先生に話して欲しいと言ったので、連絡ノートに見守って欲しい旨を書きました。
その後は息子なりに相手に対してイヤだと言えるようになったり、それなりに対応しているようです。
ちなみに、その時のお子さんと今回の2人のお子さんは別人です。
(何だか、学級崩壊のクラス並に荒れているように聞こえますが、実際はさほどでもないと思います。)
今回も、先生に言おうか・・・と息子に聞いたのですが、息子自体先生への不信感があり、それに、指を蹴られた時は、その子が他の子を蹴ろうとしたのを止めに入った時だったそうで、首をしめた子は、息子曰く「イライラしとったんだろうね。」
という事で、息子としては、ついてなかった・・・で片付けられる範囲みたいでした。
本人が納得できているようなので、今回は担任には伝えていません。
まっ、私も息子同様、担任に不信感を持っているということもありますが・・・。(1学期から色々あったんですよ~~weep


親から見ても、こういう事が慣れっこになっているのが、不憫でもあり腹立たしくもありますが、同じように本人も、やり返せない自分や強くやめろと言えない自分に苛立ちも覚えるでしょうし、恐くて足がすくむ気持ちも理解できます。
何を隠そう私自身がそんないじめられっ子でしたから。


「家族サポートの会」という活動をやっていると、うちのようにやられる側の親もいれば、子どもがついつい暴力に訴えて困る・・・という親もいて、両方の気持ちがわかるので、暴力をふるう子にも理由があるだろうと思っています。
暴力をふるうその背景にはもちろん親や環境の影響もあるので、全て悪い子・・・でくくりたくはないのです。
しかし、うちの子を守るのは私しかいませんので、戦わねばならない時はモンスターにでも何にでもなるつもりでいます。


さて、息子は、腫れた痛々しい指で(しかも右手中指!)ブツブツ言いながらも宿題もやっています。
ケガした2日後に、音楽の時間に合奏のパートを決めたらしく、オルガン担当決めの時一番に手を挙げ、希望者多数でオーディション(?)したらしいのですが、
「みんな、ボクがたいしたことない・・・って思ってたみたいで、上手く弾いたから拍手がきたんよ。ビックリじゃったわ~。」
と笑顔で話してくれました。

こうやって、自らの事を認めて、人にも認めてもらいながら成長し、自分の世界を広げていくんだな~と親としては少し嬉しかったです。
親バカではありますが・・・。


私は、自分の事を信じていない、自信のかけらもなく、常に人の目を気にする人間でした。
今もまだ、自分をなかなか認め難いところがあります。
よって、そんな母に育てられた息子も、少しそんなところがあります。
家の中でイヤと言えないのに、外でイヤと言えと言っても無理な話なのに、やられっぱなしで、友だちと上手く関われない息子に苛立ちさえ感じていました。
毎日うるさく”しつけ”という名の指示・命令(支配)をし、息子の思いより他人への思いやりを優先させ、息子の気持ちに添うことをしていなかった事に気付いた時、愕然としました。
親にわかってもらえない辛さを、私が一番わかっているはずだったのに、息子の思いをわかってやれない親になっている事がショックでした。
息子へのイライラは、忘れてしまっていた(忘れようと努力した)小さい時の自分の姿と重なるから。


今もまだ修行中(?)の身ではありますが、母業も9年目に入り、やっと子どもの気持ちに添える母になりつつあるのかな・・・?というところです。
今後も、色んなことがあるでしょう。
悩み苦しむ時が来るかもしれません。
いかなる時も、見守り、寄り添うそんな母でいたいと、今は思っています。

この息子の誕生日不運騒動に関し、様々な励ましのコメントを下さった皆様、本当にありがとうございました。
今後共、私たち親子を暖かい目で見守ってやって下さいませ。


2010年3月 3日 (水)

トールペイントのお雛様

友人に誘われて、トールペイントの体験講習に行ってきました。
ひな祭り前だったので、お雛様を作りましたよ。

Dvc00013

高さ18cmほどの立ち雛。
後の屏風は先生の手作り。
超初心者には、影を入れる部分があったりで、少し難しかったけど、3時間の講習を2回で仕上がりました。

我が家は和風建築で、トールペイントの雰囲気ではないので敬遠してましたが、こんな季節物だと、我が家にも馴染むかな。

女の子のいない我が家。
ひな祭りには縁遠いけど、でも昔の女の子が二人いるので、こういう飾りがあると嬉しいものです。

それに、トールペイント、思ってた以上におもしろい。
またいつか挑戦してみたいです。
編み物に限らず、ハンドメイドっていいですね。
楽しかったわ~~!

こんなことしてるので、編み物は全然進んでません。
トーカイの講習会場に展示する春物作らなきゃいけないのに・・・。
透かし柄のプルも進んでないし、春夏の研修会もあるし・・・。
頑張ります。


ところで、先日の息子の誕生日の不運。
その後がありまして・・・。
あの日、帰宅した息子。いつもより声が元気ない。
朝のことを気にしてるのかしら・・・と思っていると、
「つき指した~~!」
と差し出す右手を見ると、中指がこんもり腫れている。
「どうしたん?」
と聞くと、
「友だちのけりを止めようとして、手を蹴られたんよ~~。」

乱暴者じゃね~・・・と思いつつ、湿布をはってやりながら話を聞くと、担任にまで心無い言葉を言われ、かなり傷ついたらしく、
「誕生日なのに、ついてない・・・。」
とポツリ。
「ほんとじゃね。いやじゃったね。」
と抱っこして慰めていると、首のところに、赤い指の跡のような傷を発見!
「これ、どうしたん!!」
「あ~、これ、(別の)友だちにボクがつまづいて当ったら、その子怒ってボクの首しめたんよ。大丈夫、たいしたことないよ。」

どんだけ乱暴者がいるクラスなんだ!!!
まったく、腹立つ!!

小さい時から、いじめられキャラだったうちの子。
こう書くと、被害者意識バリバリみたいで嫌なんですが、「これくらいは大丈夫」と言う息子が可哀想になってくるのです。
子ども同士の事だから、仕方ないとは思うし、いちいち取り合う気はさらさらないですが、しかし、やり返さない事を知ってて乱暴する子にも、ちゃんと目を光らせず、子どもの気持ちも理解しない先生にも腹が立つ~~!!!


あ~スッキリした。
ここで書けて、私は、ストレス解消だけど、息子はどうなんでしょうか?

誕生日の不運を、もう忘れられたかな?

お母ちゃんは、ウルトラマンにも、孫悟空にもなれないけれど、それでも、いつでもどこでも君の味方だ!!

2010年3月 1日 (月)

誕生日は、落運の日??

今日は、息子の誕生日です。
子どもの頃って、誕生日は待ちに待ったお楽しみの日ですよね。
特にうちの子のように早生まれだと、やっと来たか・・・と思うらしく、待ち遠しかったようです。

なのに、今朝、いきなりついてなかった息子、8歳になりたて。

息子を送り出し、いつも通りボーっとしていたら、近所のお母さんから電話があり、
「登校班の集合場所に忘れ物したって、走って帰ってるTくん(うちの子)に会ったよ~。」
と教えて頂き、時間を見るとギリギリだったので、送ってやろうか・・・と思って車で追いかけることに。
普段なら、頼まれない限り見守る(放っておく?)私ですが、誕生日だしな・・・と思いながら追いかけたのですが、かなり学校に近づいても姿が見えない。
もう一度家に帰ってみてもいない。
さらに、再び通学路を走ってみると、必死の形相でダッシュしてる息子を発見。
どうやら、行き違いになっていたようです。
車に乗せてわけを聞くと、
「集合場所にシューズ忘れて、家に帰って、お母さんいないから、おばあちゃんが先に行っとき・・・って。」
「え~、???」
焦ってるし、言ってることがさっぱりわからん。
持って出たはずの、絵の具道具さえ持ってないし。

取り合えず、学校に息子を送り家に帰ると、庭先でシューズ袋と絵の具道具を持って立ってるおばあちゃん発見。
どうやら、集合場所にシューズ忘れて取りに帰って、車で送ってもらおうと家まで帰ったら母がいないので、
「荷物は後でお母さんに持って行ってもらうからとにかく先に学校行きなさい。」
とおばあちゃんが言ったらしい。

まったく~~・・・と内心むかつきながら、着替えて(とても学校に行ける格好ではなかったもので。)化粧もほどほどに再び学校へ。
授業開始直前だったみたいで助かりました。
でも、きっと先生に何か言われたでしょうね・・・息子は。

我が家だけかもしれませんが、誕生日やその近くの頃って、ちょっと運が落ちるような気がします。
病気したり、アンラッキーな目にあったり。
息子も久々の忘れ物が、たまたま誕生日だったのかもしれませんが、なんだか可哀想な気がしました。
「あんた、そりゃ、誕生日の不運ってもんだわ。」とでも言って慰めてやればよかったな~。
余計落ち込むかしら・・・?


ところで、息子の誕生日プレゼントは、リクエストにより、こちら↓

Dvc00011

レゴブロックの2010年2月発売の、消防署。

そして、こちら↓

Dvc00005_2

伯母ちゃん(主人の姉)と従姉のおねえちゃんからのプレゼント。


偶然レゴブロック。





Dvc00012

昨日、主人に手伝ってもらいながら、もくもくと作っていました。

小さい部品も多くて大変そうですが、昔から男の子は、この組み立て系の遊びが好きな人種のような気がします。
プラモデルとか。





Dvc00010

しかし、これ、またばらしたり、組み立て変えたりするんでしょうね。
はあ~、散らかること必死ですな~。



« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ