« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月22日 (月)

透かし柄プルオーバー編み始め

バンクーバーオリンピック、盛り上がってますね。
私は、運動は子どもの頃から得意ではなく、どちらかと言うと運動音痴ですが、スポーツ観戦は好きです。
冬のスポーツで一番好きなのは、何と言っても、フィギア・スケートですが、今回のオリンピックで一番よく見ているのは、カーリング。
いや~、おもしろいですね、カーリング。
地味だけど醍醐味があるわ。
氷上のチェスの異名を持つこのスポーツ。
チェスや将棋にはまったく興味ないですが、カーリングは、見ていて引き込まれます。
相手チームのストーンをはじき出すあの瞬間が、気持ちいいことと、なんであんな所に置いておくの??というような捨て駒的な置石(?)とか・・・おもしろいです。

それに、今回の女子・クリスタルジャパンが強いので、応援にも力が入ります。
テレビ中継の解説の方も、相当力入ってますけど・・・(笑)

今週は女子フィギアも始まるし、益々テレビの前に釘付けです。
編み物も少しは頑張ってますよ・・・coldsweats01


直線で編むベスト出来ました。

P2220525

実はこれ、ブログには載せまいか・・・と悩みました。
あまりに完成度が低いため・・・。

でも、勇気出しまして載せます。
仕上げたことだけご報告。
ケチらないで、糸買って、一色で編むべきでした。
残り糸始末したかったから・・・。
私には少し大きいので、姑か実家母どちらかに着て貰います。
まっ、気負わず、さくさくと、編めました。
初心者の方向けの作品です。

気を取り直して。
次に編み始めた物を見て下さい。

P2220527

バカラピュールファインで編む、棒針の透かし柄プルオーバーです。
この糸細いですし、総柄で、きっとなかなか仕上がらないとは思いますが(すでに言い訳モード)、模様が気に入ってるので、何とか今シーズン中に仕上がるよう頑張ります。

さて、今日もオリンピック見ながら、チクチク編みますかな~~。

2010年2月16日 (火)

頭の中を占める物

先週末、週始めに続き親戚の通夜・葬儀があり、これで一週間の内に、法事1件、葬式2件をこなし、さすがに疲労の色は隠せません。
その間にも仕事があり、ゆっくり家に居る時間がなかったので、編み物もできず、パソコンも開けられず、掃除もできない(あっ、掃除しないのは、殊更忙しさのせいでなく、いつもの事でした。(-.-;))そんな状態でした。

今日は、スタッフとして参加している家族サポートの会の、スタッフ会議と市役所の担当課との打ち合わせで、終日出ずっぱり。

そして、年度末を迎え、今後しばらくは、この家族サポートの会の事務処理などが忙しくなりそうです。
次年度の事業計画・市の助成金申請・決算報告…などなど、予定もやるべき物も目白押し、という状況です。

きっと、ブログの更新もままならなくなりそう。

今の私の頭の中の半分を占めるのが、家族サポートの会なのかもしれません。
そして、その状況が、今のところ嫌でなく、しばらくの間は、とっぷり楽しみたい…と思っています。

もちろん、編み物も、季節が移り春夏物のシーズンを迎えるので、編みたい物もあるし、私の仕事はこちらが本職であることに変わりないわけです。
(当たり前過ぎて、忘れそうで…怖い((゜Д゜ll))


さて…ブログですが…
今までのようにはパソコンの前に座る時間が取れなくなる事は必至。
現在、広島ブログのランキングに参加していますが、このままでは、他のブロガーさんのところにお邪魔する機会も減り、何かと心苦しい思いをしそうなので、ランキング不参加にすることにしました。

今まで広島ブログの方でお世話になった方々に、この場をお借りしまして、お礼申し上げます。
ありがとうございました。また、いつもクリックして下さった方々には、こんな拙いブログへの応援感謝いたします。
ありがとうございました。
広島ブログを通じて、色々な方々からコメントをいただき、とても励みになりました。
私は、ランキングをはずれますが、なるたけ時間を作り、今後も皆様のブログにお邪魔していきたいと思っています。

今後共、私とこのブログをよろしくお願いします。

少し大袈裟な感じになりましたが、忙中閑あり…で、結構ちょくちょく更新してるかも〜とか思っている次第です。


ところで…
私の頭の残り半分を埋める物は…?
はてさて、何だろなあ〜?

2010年2月12日 (金)

進まない編みかけ

編みかけのベスト。
針も太いし、ベストだし、サクサクっと編めるはずだったのに・・・。

Dvc00010

後身頃と前身頃の片方ができた状態です。

このところ、法事・通夜・葬式・・・と葬祭関係が次々とあり、その他とにかく出かけることが多いのです。

言い訳にすぎませんが、圧倒的に座ってる時間が少ない。
先日も書きましたが、この状態はしばらく続きます。
今ある予定に、これ以上先週のような突発的な予定が入らないことを望むのみです。

一昨日は、知り合いのお店で、奥様新年会。

Photo

ママさん手作りの、おいしい料理とおいしい日本酒で、この店の常連の奥様5人+ママさんの6人で、楽しい時間を過ごしました。
もう何回目かのこの、奥様新年会。
当初は、お店の忘年会に出席できる旦那陣に比べ、子どもが小さくて出席できない奥様方のために、ママさんが企画してくれたはずでした。
今や、忘年会にも出席するようになった奥様方。
でも、新年会もやっちゃうんです~。

飲んで、食べて、おしゃべりして、日頃のストレスも飛ぶ気がします。
次は、ひな祭り・・・だそうですよ。
楽しみだ~~!!

2010年2月 7日 (日)

広島交響楽団第16回福山定期演奏会

今日は、私も息子も初体験のクラッシックのコンサートに行ってきました。
ミニコンサートのような軽めのには行った事があるのですが、ちゃんとしたホールでの、本格的なプロのクラッシックコンサートは、私も初めて。
息子(小2)が、最後まで聴いてくれるかどうかも怪しくて、私自身も充分楽しめるかな~と心配な点もありました。
なんせ、「のだめ」がきっかけの、にわかクラッシックファンなので、何か粗相があっては・・・と、変に緊張したりして。

Dvc00005

開演前の開場をパチリと撮ったはずなのに、どうやら保存するのを忘れたようです。
なので、パンフレットの画像をどうぞ。

曲目は・・・
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」~序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番 ニ短調
チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調
指揮は小林研一郎氏。
ピアノは小林亜矢乃さん。(指揮のコバケンのお嬢様。親子競演です。)

私は、どうも、モーツァルトが苦手。反対に、チャイコは、ドラマチックなとこが好きです。
交響曲5番は、あまり馴染みのない曲ですが、最後まで飽きずに楽しめました。
最後、もう終わりか・・・と思わせて、盛り上がりを引っ張り続け、なかなか終わらないとこなんか、ロシア人らしく、ねちっこい感じでおもしろかったです。

今回、ジュニア招待席なるものに応募し、息子の分は招待券だったので、B席の2階席でしたが、それでも、音は充分よかったです。

弦の波打つような調べも、金管の高らかな響きも、広いコンサートホールの隅々まで行き渡り、心臓にドンと音が伝わりました。

息子も、途中飽きて(やはり、モーツァルトで・・・)ゴソゴソしたりしてましたが、招待席なので、周囲にも同じような小学生が多く、あまり気を使う事なくすんでよかったです。
取り合えず、途中で退出することなく、最後まで約2時間、初のクラッシックコンサートをなんとか無事堪能した母子。
「今度は、ラヴェルのボレロが聴きたい。」と息子。
お~それが近くに来たら、是非行こうではないか!!

2010年2月 5日 (金)

スケジュール

今朝もとっても寒いですね。
昨日も冷え込んでました。
先日、寄せ植えした花が・・・、冷え込みで凍ったらしく、ひとつダメになってました。
外に出すのが早すぎたかも。

花の名前がどうしても今思い出せない・・・。最近物忘れがひどいです。

大切な用事を忘れないように、スケジュール帳と台所カレンダーで管理してますが、2月の予定が、かなり混んできました。

ボランティアの「家族サポートの会」も、今年度終盤になり、来年度の予定を計画し、市の助成金をもらうための申請も待っています。
それから、福山に療育センター設立の計画があるので、市が市民の意見を募集してます。
それに合わせて、私たちの会としても、要望を出していこうとしています。
詳しくは、コチラ「家族サポートの会」のブログで。

ともかく、体調に気をつけながら、編み物も忘れず、日程をこなしていきたいと思っています。

2010年2月 4日 (木)

あたふた・沐浴

昨日、念願だった(?)赤ちゃんの沐浴を、ついに果たしました!
・・・って、そんなに大げさなことか!!という声が聞こえてきそう。
でもね。楽しみにしてたんです。

asaponさんのブログ で、以前甥っ子さんと姪っ子さんの沐浴の様子が紹介されているを見てから、懐かしさのあまり、
「私も、沐浴やってみた~い!」
とだだっ子のように、ないものねだりをしたわけです。

先日出産した友人に、妊娠中からお願いしていて、昨日、別の友人がお祝いにうかがうのに便乗し、無事念願を果たしたというわけです。

自分の息子は、退院後からずっと私が沐浴していたので、少なからず自信もあったのですが・・・。
8年のブランクは、大きかった。
手順を思い出す間もなく、あたふたし、おろおろしたまま、あえなく終了。
幸い赤ちゃんがお風呂好きらしく、泣く事もなくじっとしてくれていたので、落っことすこともなく無事終えられたけど、かなり、初心者なみに緊張。
おりこうにしててくれて、ありがとね。

いや~、しかし、楽しかったわ~~。
大事な赤ちゃんを、任せてくれた友人と友人のお母さんにも感謝です。
「また、やってね。」
と、不安な気持ちを押し隠し(?笑)、こころよくリベンジ(?)を申し出てくれました。
可能なら、毎日でも沐浴に通いたいわ。

赤ちゃん・・・やっぱり可愛い。癒される。心がほっこりする。
自分の子育ての時には、不安が先立ち、楽しむ余裕もなく、責任感に押しつぶされそうだった。後悔の思いばかり残ってます。
でも、可愛くて、じっと息子の寝顔を眺めてた覚えもあります。
今も、赤ちゃんの時と変わらない寝顔。
時々じっと眺めてみます。
頬ずりしたり、なでなでしたり・・・。
先日、そんなことやってたら、寝返りうったはずみに、ボカっとなぐられました。
普段の母へのうらみ?・・・。

Dvc00003_2

沐浴後、お乳とミルクを飲んで、お母さんの抱っこでねんね。


おばちゃんの下手な沐浴で疲れたね。

あらゆる困難に負けず、健やかに大きくなってね。

末永く、おばちゃんをよろしくね。



また、すぐ、会いに行くよ~~!!

2010年2月 2日 (火)

「弧宿の人」を読んで

宮部みゆき著:「弧宿の人・上下巻」(新潮文庫)を読み終えました。
久しぶりに、いい本に出会えました。

悪霊・毒殺・陰謀・・・江戸末期の四国の小藩を舞台に起こる様々な出来事。理不尽な状況に、登場人物たちも翻弄されていきます。
瀬戸内の真夏の夕凪にも似た、身体にまとわりつく不快な、しかしどうする事もできない無常。

「ご自身の内にある御仏とはぐれて、重い罪に手を汚された。しかし、加賀様の身の内は人のままだ。儚く空しく、卑しい人の身。じゃがしの奥底には御仏がおわす。御仏がおわす故に、人はけっして鬼や悪霊にはなれぬ。なり切れぬのだ。いっそなれた方がはるかに楽、はるかに安穏であろうにな。」

自分を見失いかける主人公のひとり宇佐に語る、英心和尚の言葉に胸がつまりました。

物語は哀しい結末を迎えます。涙が止めどなく流れ、それでも心の奥に優しい温かい思いが広がっていきました。
途中も何度も涙が出たのは、人の優しさが身に沁みたから。
この本に出会えて嬉しかった・・・読後の正直な私の感想です。


宮部みゆきさんの本はこれが2冊目。
読売新聞に連載されていた「三島屋百物語事続き」も終了しましたが、毎日とても楽しんで読みました。
宮部さんの作品をもっと読んでみたい。
次は何を読もうかな~。

2010年2月 1日 (月)

バカラピュールのジャケット完成

息子(もうすぐ8歳)を妊娠する以前に、研修会テーマ作品として編みかけていた、ジャケット。
本日めでたく完成しました。

P2010519 身頃と片袖編んだ状態で、数年間眠らされていたこの作品。
物置の片隅で、よくも虫に喰われることもなく、ほどかれることもなく、やっとこうして、ひのめを見たわけです。

ご苦労さん。(誰にむけてのお言葉?)

表目2目と裏目2目に、寄せ目だけの模様ですが、間違えやすかったような記憶がかすかに残ってます。

今回編んだのは、2目ゴム編み状態の袖のみなので、模様編み部分の記憶があいまい。

しかし、よくぞ、模様と複雑な減目のある身頃を編み終えていたもんだ!と我ながら感心。(感心するところじゃないかも・・・ですが。)
じゃないと、きっとこれ、仕上がらなかった・・・いえ、仕上げられなかった、と思うのです。
これがあるのを見つけてからというもの、気になりながらも、なかなか仕上げてあげられず、口惜しい思いをしたもんです。
(本当かな~~?)

なんにしても、これで衣装がひとつ増えました。
バカラピュールは、本当に暖かいです。暖房のきいてる場所では、汗かくくらいです。

濃紺は、私の基本色。
活躍の場が増えそうで、嬉しいな~。
じゃー、とっとと仕上げればよかったのに・・・って?
それはまあ~、ぐーたらな私のこととて、お許しください。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ