« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月30日 (土)

春の足音

今日は、朝からいい天気。なおかつ、とても暖かい。
立春を前に、春を思わせる陽気が、このところ続いてますが、まだすぐ春・・・とはいかないでしょうね。

何の予定も無い休日。
久しぶりに、庭いじりなどをやってみました。

1月は、我が家にとっては、記念日ラッシュ。
旦那と私の誕生日に加え、結婚記念日も・・・。
今年は、これといってお祝いらしきことはなく、私から旦那へは、ネクタイと先日仕上がったベストを贈り、旦那からは、ポット苗がたくさん入った花カゴをもらいました。

P1300515

これを、今日、寄せ植えしたり、その他の鉢物を植え替えたりしました。

P1300518

あ~腰痛ぁ~。
庭仕事はほんとに久しぶりです。
草とりも、ほぼお姑さんにまかせっきりだった、秋以降。
よって、ブログへの庭関係の画像も久しぶりかと思います。

P1300516 ミニばらは、大好きだけど、手入れが下手で、あまり花を咲かせられない私。
今度のこれは、どうかしら・・・?

2010年1月29日 (金)

次に編み始めた物

結構重荷だった(?)旦那用ベストを終え、次に何編もう・・・と考えている時、月一回の研修会がありまして、今月は、細い糸で総模様のかなり手がかかりそうなツワモノ。
模様が気に入ったので、頑張って編もうかとは思っていますが、今はもうちょい楽な物がいいなあ~。

P1290513

研修会で配られた編み図にあった、直線編みのドレープベストを編み始めました。
見本は、機械編でメリアスのみだったのですが、12号の棒針で、ざくざく手編みしていきます。
メリアスだけだとちょっと淋しいので、配色でモザイク編みを入れてみました。
さっさ~と編めそうで、テンションも上がります。

ところで、旦那のベスト。

続きを読む "次に編み始めた物" »

2010年1月28日 (木)

無事誕生

昨日1月27日、友人は、無事第2子を出産しました。
Tさん、おめでとう!そして、ご苦労様でした。
なかなか陣痛がこなくて、しんどい時間が長かったけど、待ちに待った新しい命とのご対面。嬉しさとほっとした気持ちが入り混じったのではないかと思います。
ともかく、ゆっくり休んで、これからの子育て、楽しんでほしいと思います。
お疲れさん。


何か記念にハンドメイドしようと思ったのですが、赤ちゃんの二人のおばあちゃんは、お一人は洋裁、お一人は編み物のスペシャリスト。Tさん自身もハンドメイドが得意です。

そこで、思いついてこんな物を編んでみました。

P1270506 中に筒型のチャイムを入れて、ガラガラを作ってみました。
持ち手も付けたので、赤ちゃんの小さな手でも持てるかな。
オーガニックコットンの糸使用。


私は、あみぐるみは、苦手。
生涯3体目のあみぐるみです。
どうも、センスもないし、顔の刺繍や細かいデティールが下手。
この子も、既成の目玉を使いたくなかったので、刺繍にしたけど・・・。
顔、いまいちだけど、許してね。

今日、仕事帰りに、これ持って、赤ちゃんに会いに行ってきま~す。

2010年1月26日 (火)

アフガン編みベスト・完成

やっと、仕上がりました。
アフガン編みのベスト。旦那用です。

P1250497








リッチモア・MSCの黒と、いつのシーズンの糸かわからない、もう廃番になってるアンゴラ混の糸・ブルーグリーンの2色使いです。この写真はほぼ現物に近いです。
P1250502








アフガン編みのリバーシブル編みを応用し、通常表地側からしか編まないアフガン編みですが、裏地側からも編むことで、黒の糸の傾きが一段毎に、右向きと左向きになっているのが、おわかりでしょうか?
4目毎に裏目を2目入れ、12段おきに表目だけの段を3段入れてます。

この模様にしたため、しょっちゅう間違えて、何度ほどいたことか・・・(涙)
もっと、間違えにくい段数で、模様入れるべきでした。

自分で考えたので、どこへも文句言ってけない。

デザインは、先日も書きましたが、手編みだけど、スーツの下に着ても垢抜けてみえるように・・・と考えて、前をカットしたり、縁を細めの丸コードにしてみました。
さあ〜て、どうでしょう??
実際旦那に着せてみないと、この私の努力は、報われたかどうだか・・・わからないですね。アンゴラにカシミアにヤクの糸まで入ってるから、暖かいことだけは、請合う!!


まだ、ボタンを買ってないので、ちゃんと仕上げてから、旦那に着せて、狙い通りだったら、写真撮って画像UPしますね。
あ〜、なんか、肩の荷が降りた感じです。
ほんと、疲れた。
アフガンはしばらくいいや〜〜。


ところで、実は、この記事・・・200件目なのです。
ブログ始めて、かれこれ、1年と3ヶ月ちょいになるので、ほぼ2〜3日に1件書いたことになります。

この記念すべき200件目の記事が、編み物ネタにできて、少なからず、ホッとしています。
編み物ブログじゃないけど、でも、一応仕事柄、編み物ネタが増えた方がいいかな・・・と。
今年は、完成作品の記事が少しでも増えるよう、頑張りたいです。

2010年1月25日 (月)

冒険遊び場「てんぐりかっぱ」

昨日の日曜日、友人に誘われて、冒険遊び場「てんぐりかっぱ」なるところへ、息子と行ってきました。

ここは、市内の小さな山中の民家の一角を開放され、ボランティアの方々が子どものための遊び場として運営されている場所です。

Dvc00004
小屋ややぐら、アスレチックぽい遊具など、ボランティアの方の手作りだそうです。


『自分の責任で自由に遊ぶ』のモットーに基づき、禁止事項なしで、子ども自身がやりたい事を見つけて遊ぶ。


友人に話は聞いていましたが、どんな所か、私も息子も興味深々で、長い坂道を登って行きました。

どろんこ遊び、滑車ロープ、洞窟探検、落ち葉滑り・・・普段公園や家の中ではできない自然相手の遊び。

Dvc00005 息子は、落ち葉滑りに大はしゃぎ。

かなりの傾斜角度です。
落ち葉のベットに向かって、そりに乗って滑り落ちる。見てるこちらの方が怖くなりました。

怖がりの息子・・・のはずですが、キャハキャハと笑いながら、何度も挑戦。
実は、私の怖がりが、息子を怖がりにしてただけだったのかも・・・と反省。




親たちは、焚き火をたいて、暖をとったり、お湯を沸かしてお昼の用意をしたり。(寒いので、カップ麺)
この日は、ボランティアの方たちが、畑の七草を使った「七草がゆ」をふるまって下さいました。

焼いも、焼みかん、焼マシュマロ、焼リンゴ・・・
焚き火でこんなに楽しめるとは、予想外。おもち持って行けばよかったなあ~。
次回は、TVでやってた、竹の筒を使ったバームクーヘンを作ってみたい。

知っている顔は、一人だけだったのですが、息子はのびのびと、楽しく遊べたようです。
木工のコーナーもあって、工作好きな息子は、ノコギリ片手にしばらく何やら製作していましたが、思ったような物はできず、次回のリベンジを誓っていました。


お天気も良くて、風もなく、暖かい日曜日。
おかげさまで、親子共に楽しめました。
本来あるべき遊びの形を再認識したように思います。

「楽しかったね。次はいつ?」
帰り道、息子は、ズボンの中から出てくる落ち葉を手にして、満足げな笑顔を見せてくれました。


この団体のホームページはありませんが、市の福祉機関のホームぺーじ コチラ を参考にしてみて下さい。

2010年1月23日 (土)

アフガン編みベスト・縁編み

アフガン編みベスト・縁編み
なかなか完成品としてのせられないこのベスト…やっと前後身頃が編み上がり、とじはぎ、も終わり、縁編みに突入したところです。
アフガン編みの場合、縁編みは、棒針かかぎ針で編むことが多いようです。
やはりアフガン編みだけでは垢抜けない・・・ということでしょうか?編み地に厚みがでるので、身頃の厚みに負けない縁編みにする必要があります。

女性用なら、変わりバック細編み…などで、地厚にすると落ち着くし、地味なアフガン編みが、華やかになってよい…と思うのですが、旦那のベストに、華やかさは必要なさそうなので、今回は、シンプル イズ ベストで。(ベストにベストをかけてみた。そのこころは…?)

棒針で、丸編みコードを編みつけていきます。
スーツの下に着てもおしゃれに見える手編み…が目標です。
はてさて、目標通りに仕上がりますか、どうか。

ともかく、2年越しのこの作品。
ここまでくればもう大丈夫でしょう!

大丈夫だと、信じたい…。

2010年1月20日 (水)

ハンドメイドバトン

今日は、公民館での編み物サークルでした。
私の以前からの知り合いばかり5人(私を含めて)でのアットホームな雰囲気の中、いつも楽しくあみあみしています。

昨年の春から始めたこのサークル。今日は、みんなで新年会にランチを食べに行きました。
全員でランチするのは今日が初めて。
女性が5人集まれば、年齢も、環境も様々で、おしゃべりの花は満開に咲きます。
共通の趣味を持つ人の集まりって、気軽で、刺激ももらえて、良いことずくめのような気がします。
今日も、楽しかった!


さて、ブログでお世話になっているあみこさんから、ハンドメイドバトンが送られてきました。
おもしろそうなので、私も質問に答えてみます。

(1) ハンドメイドを始めたのはいつ?
    
小学校3年生の時だと思います。祖母にかぎ針を教えてもらいました。小さなお守り袋のような物を作った記憶があります。
  

(2) ハンドメイドを始めたきっかけは?

母は働いていて、同居していた祖母が家事の合間に編み物をしていました。近所の手芸屋さんの編み物教室に通う祖母に、よくついて行っていました。見よう見真似で、かぎ針を持って遊び始めたようです。出不精で、いつも家にいましたから、編み物など性に合っていたのかもしれません。


(3) ハンドメイドをしていて良かったこと

わずかでも手に職がついたこと。
自分に自信が持てたこと。
ハンドメイドを通じて、友人が増えたこと。
 
(4) ハンドメイドをしていて悪かったこと

編み物以外の習い事をしたくても、編む時間の確保の事を考えると、躊躇してしまうこと。

ますます掃除をしなくなること。
  

(5) 自分の腕を思う存分褒めてください

編み物の奥の深さに打ちのめされる毎日。
でも、自分の作品を褒めてくれる人に会ったり、デザインや技法で新しい何かを見つけると、嬉しくなってくる。
メリアス編みは、年々綺麗に編めるようになってる・・・気がするな~。


(6) 自分はハンドメイドに向いてると思う?

出不精だし、友人も少ないから、家で楽しめるハンドメイドは向いてる・・・とは思うけど・・・どうでしょう?
自分のことはよくわからないなあ~。
でも、子どもの頃から、手仕事を眺めるのが至福の喜びでした。
それは今も変わらないかな。


(7) 主に何を作ってる?

編み物。主に手編み。(機械編もしますが、今はほとんど手編みのみになってます。)
レース編。
ウエア物から小物まで。


(8) あなたのハンドメイドに欠かせないもの

ひとりで編んでる時は、音。テレビでも音楽でも。
それから、ブログを始めてからは、PC。ブログから受ける影響はスゴイです。
やる気と勇気がもらえます。
   

(9) ずばり!あなたにとってハンドメイドとは?

喜び・・・かな。
作る喜び。身につける喜び。贈る喜び。つながる喜び。
    

(10) 次にまわすハンドメイダ―さんを3人

いないかもしれません・・・。
どなたか、このバトン受け取ってくださ~い!!

2010年1月19日 (火)

バネポーチのはずが・・・。

編みかけのだんなのベスト。完成まで後一歩。その一歩が進まない。何だかしりませんが、高い、高い山へ登っているような感じ、とでも言いましょうか?
頂上が見えない・・・。

タイトルのバネポーチ。コチラ↓です。
P1120486








画像見て、お気づきかと思いますが、ポーチの口に比べて、バネの幅が長い。
先月の作品展にどうかな??と思って作りかけたのですが、あえなくボツに・・・。
バネは長さが色々ありますから、短いのを買えばいいわけですが、どうも、アフガン編みの編地に納得がいかないので、このまま放置してた訳です。

アフガン編みというのは、編地が地味なわりに、目を揃えるのが難しいような気がします。
固く仕上がるという欠点を、少し太めの針で、柔らかく編むことで補いたいわけですが、ゆるく、きれいに編むというのは、結構難しいと思います。
若い時に編んでた時は、さほど気にならなかったんですが、腕が落ちた・・・ということでしょうか?
なので、余計疲れる。

以上、ベストが進まない言い訳でした。(長い!)

先週中に仕上げる予定だったのに・・・。


2010年1月15日 (金)

お母ちゃんは大変なんだ!

友人の出産が間近に迫ってきました。
昨日「始まった。(陣痛が・・・)」という連絡が入ったのですが、どうやら前駆陣痛だったらしく、一旦病院から帰宅した友人。
午後、用もあったので、会いに行ってきました。

私も経験あるのでわかるのですが、すわっ!陣痛!!と思って病院へ駆け込んだのに、陣痛遠のいちゃって帰らされるのって、かなりショックなんです。
恥ずかしいし・・・。

友人もかなり凹んでいました。
産まれるのが待ち遠しいし、もういい加減さっさと出て欲しい気もしてくるし、痛いし、友人のように上の子がいると、上の子への配慮やらなんやかや、本当に、お母ちゃんは大変なんだ!!


友人は、彼女が結婚前からの知り合いですが、第一子を2ヶ月違いで産んだこともあり、ママ友として仲良くしてもらっています。
最近は家族ぐるみで食事をしたり、旅行したり。
「できたみたいなんよ。」
と、第2子妊娠の報告をもらった時は、ビックリしたけど、嬉しかった。
人数が増えるという事は、本当に喜ばしいし、「うちは一人っ子。」と言いながらも、心のどこかで二人目を望む気持ちが見え隠れする友人の気持ちがわかっていたから・・・。

私が息子を産んだ年と同じ高齢出産に、不安な気持ちもあっただろうと思います。

もうすぐだね。
まだまだ先・・・と思っていたけど、もうすぐに可愛い子に会えるんだね。
私もほんとに楽しみだよ。
約束通り、沐浴、私にもやらせてね。
もう少し。ガンバレ!
その痛みの向こうに、輝くような喜びが待ってるよ。



2010年1月13日 (水)

アフガン編のベスト進捗状況と広響

今日は寒かったですね。雪もチラチラして、暖冬予想は思いっきりハズレですかね。
なかなかゆっくり編む時間が持てない、と、先に言い訳書いときますが、まだアフガン編ベスト=旦那の・・・まだできません。
ただ今の進捗状況↓
P1130487








前身頃が出来上がり。
その後に見えるのが・・・

単純に脇までの段数を間違えてたのが発覚して、ほどいた後身頃。

こんなことしてるから、なかなか進まない。
しかも、なんか疲れる・・・と思ったら、長いアフガン針にかかってる編地が重い。
普段棒針も輪針を使うから、あまり重さは感じないわけですが、久しぶりに、輪針でない棒針にかかった編地の重さを感じている・・・というとこでしょうか。
すんごい肩と腕が凝るんですよ。
男物でデッカイし。

あ~とにかく、この作品は私の中で、
「とっとと早く仕上げたいのに、なかなか思いが伝わらない作品!」
ってとこでしょうか。


そんなストレスがたまる毎日を送る私に、友人のえび子ちゃんから、ミニコンサートのお誘いがありました。

えび子ちゃんの息子ちゃんの小学校に、広島交響楽団が来るから一緒に聴きに行こうよ・・・と誘ってくれました。
小雪のちらつく寒い中でしたが、行ってきました。
室内楽クラスかと思いきや、フルオーケストラで、クラッシックの名曲を5曲。約一時間楽しい時間を過ごしてきました。

生でフルオーケストラは、私、初体験だと思います。
小学校の体育館とはいえ、(音が少々こもるような気がしましたが・・・。)楽しい、癒しの時間でした。
小学生にもなじみの曲目ばかりで、こんな間近でプロの演奏が聴けるなんて贅沢だな~。
うちの子の小学校にも来てくれないかな~。
ロッシーニ作曲:ウイリアムテル序曲・・・よかったですね~。盛り上がりました。
中・四国唯一のプロ楽団、広響。
2月の定期演奏会にも、実は、息子と聴きに行く予定です。
楽しみ~。


ストレスの元凶は、今週中には、かたをつけたい・・・と思います。

2010年1月10日 (日)

出初式に行きました。

今日は出初式。
P1100462








うちの息子はここ4年連続で出初式を見に行っています。
昨年の記事は、コチラ

今年も私は行きませんでした。
昨日、家族サポートの会の新年会に出かけたので、朝のお出かけはちょっと辛くて・・・。


息子の夢は、レスキュー隊員になること。
怖がりで、運動も苦手な息子。
冷静に見れば、体力勝負のレスキュー隊員になるには・・・?ちょっと???
本人は、意に介してないようですが、少し周囲と自分が見え始めてきたらしい息子。
「ぼくには無理かも・・・。」と時折弱音を言うようになってきました。

だけどね・・・。
先のことは誰にもわからない。
遠い未来を嘆くより、楽しい夢に心躍らせる方が幸せ。


大好きな消防車輌に囲まれて、満足げな顔の写真が、今年もたくさん撮れました。

2010年1月 7日 (木)

編みかけがぞくぞくと。

子どもも今日から新学期。
やっと自由な時間が確保できます。
・・・と言っても、一人っ子で、一人遊びが得意なうちの子。一緒に遊んだりする事もほとんどなくなり、冬休みとはいえ、かなり私の時間もあったはずですが、年末・年始、ほとんど編み物はできませんでした。
昨日が初仕事だった私。
午後は、家族サポートの会の打ち合わせなどで、冬休み最後の日も何もせず終わりました。
夕方、おばあちゃんと楽しそうにトランプをしている息子を見ながら、
冬休み、ゆっくり息子と遊べなかったな・・・と、少々反省。
しかし、宿題の事で怒ることはなかったです。
これはすごい進歩。
当初全く宿題に手をつけなかった息子。どうなることか・・・とある意味楽しみ(前日に泣くのか・・・と。)にしていたら、何とか帳尻合わせていました。

「宿題は・・・」と声かけはしていたのですが、放っておいてもやるんだな・・・という事がわかり、私もやっと宿題に口を出すことなく、息子の自主性にまかせる事ができたわけです。
慣れてくると、不安も小さくなってくる事にも気づき、私の心も穏やかで、ほんと、楽でした。


さて、タイトルの編みかけ・・・ですが、
アフガン編みの旦那のベスト、製図も割り出しもしていたはずなのに、どこにもなく、やむをえず、もう一度製図をし、今前身ごろの一枚がほぼ完成。↓
P1070460











画像ではわかりにくいかもしれませんが、表目4目と裏目2目の模様に加え、10段ごとに模様が変わるので、それを忘れてしまうことが多く、しょっちゅうほどいています。
なので、仕事にこれは持って行けないな・・・と思い、こちらも編んでいます。↓
P1070459









実はこれ、息子を産む数年前に編みかけていた物。
身頃はできています。コチラ↓
P1070458_2








ここまで出来てて、そのまま物置で眠ってたわけです。
ほつれ止めがない!と思っていたら、こんなとこに使ってたのね!!

毎年冬になると気にはなりながら、眠りをさますわけでもなく、はや10年。
バカラピュールを使用してるので、きっと暖かいし、寄せ目の地模様も気に入ってるので・・・
今年こそは仕上げたい!!

とにかく、身も軽くなったことだし、(実体重は重くなったが・・・shock)編み編みがんばるぞお~~!

2010年1月 4日 (月)

そろそろ通常モードに。

今朝も、晴れやかないいお天気の広島県地方です。

今日から旦那は仕事始め。
なので、妻たるもの、通常モードで、朝ご飯(昨日の味噌汁をあっためただけ・・・それも旦那が・・・)そして、お弁当作り。(おせちの残りをつめつめ・・・。)
今年から、10分程、出勤時間が遅くなったようで(理由は定かでない。)お寝坊さんの妻としては、「こいつぁ~、春から縁起がいいわい!」・・・てなもんです。

寝正月に食べ正月、飲み正月・・・太る一方の我が家の面々。
初詣も実家へのお年始も例年通りの日程で、無事すませました。

しかし、正月三が日・・・といっても、年々正月らしさが失われているようで、子どもの頃のお正月が懐かしかったりします。

私がうまれた町は、古い港町で、独特の風習がありました。
それに加え、我が家は、遠い親戚が網元の家だったところもあり、父も若い時船に乗っていた時期もあったので、縁起をかつぐ事柄が多かったように思います。

「一夜飾りは縁起が悪い。」
「不幸があった年は、あんこのおもちは、包み込むから作らない。」
「元旦は包丁を使わない。洗濯も掃除もしない。」
他にも色々あったように思います。
何処の家庭もそうだと思って大きくなりましたが、そうでもなかったようだと、長じて知りました。

「正月一番に女の訪問者は縁起が悪い。」・・・と、初詣に行く約束をした友だちを家に入れさせてくれなかった事もありました。
今だと「男尊女卑だ!!」と暴動が起きそうですが・・・。

自然相手の漁を生業としていると、様々な縁起をかついだり、色々制約を加えて自分を律していないと、思わぬ天罰が下ったりしたのでしょうか・・・?
いずれにしても、現代では考えられない、もしくは、忘れ去られてしまった風習。

めんどうだ~と思う事もありましたが、嫁にきた家は、そういう物が全くない家でしたから、少々さみしい気がしました。
今では、その楽さに安穏としてしまって、もう元にはもどれませんが・・・。


小さい頃、「お祝いするから起きなさい。」と起こされたその枕元には、新しい下着と晴れ着が用意されていました。
お祝いの席には、おせちとお雑煮、そして子どももお屠蘇に口をちけ、父と祖母からお年玉をもらいます。
何だか晴れがましくて、子ども心に、お正月は特別な日という思いがあったように思います。

こんな事を書いていると、いつも思い出すのが、向田邦子さんのエッセイ。
戦前の昭和の市井の人々の暮らしぶりがうかがえるエッセイが好きで、一時よく読みました。
手元に今一冊しかないので、詳しい内容はうろ覚えで書けませんが、お正月の様子もいくつかの作品に載っています。
向田さんのエッセイが、妙に懐かしく思えたのは、私が子どもだった昭和30~40年代も、戦前の日本の暮らしに近いものがあったからかもしれません。
エッセイの中に出てくるお正月の風景や、お菓子の名前、練炭火鉢の匂い、冷たい空気・・・
様々な物がとても懐かしい。そして、今はもう無くなってしまった物。

まだ、時の流れがゆっくりだった時代。
10年がひと昔だった頃。
今は、あまりに時の流れが速すぎて、お正月の景色さえも、変わってしまった。
その内、我が家も、おせちも餅つきもなくなるのかな・・・。
日本のお正月は箱根駅伝・・・になっちゃうのかな・・・。

変わって嬉しいものと、変わってほしくないものがあると思います。

私にとって、日本のお正月は、おせちにお雑煮、着物と初詣。
ピンとした冷たい空気と共に、晴れがましくも、厳かに迎える年の初め。
出来得る限り、残していきたいお正月の風景です。

2010年1月 3日 (日)

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

皆様麗らかなお正月をお迎えのことと、お喜び申し上げます。

我が家の年末・年始は・・・
年末の、怒りのブログ更新後、

大掃除
Pc240444











(よそ様から見れば、どこを掃除したの???ってぐらいの、大雑把大掃除・・・なので、美しいお花をご覧下さい。
ちなみに、年末、お花のお稽古で、先生が入れて下さった物を家で必至で思い出しながら、私が入れました。)


そして、30日はもちつき。
31日はおせち作り。
P1010449









P1010450









毎年のことながら・・・疲れました~。
が、しかし、今年は、掃除も手抜きで、カレンダーが去年のままの所が2ヶ所もあったのに気づかず、物置(通称:私の仕事部屋)もぐちゃぐちゃのまま・・・。
こちらは、冬休みが終わったら、片付けるかな~。

この一週間、編み物も全然触っていない私ですが、今日からやっと、自分の時間も持てそうです。


昨年は、レース編検定と作品展に追われた一年だったように思います。
どちらも、自分なりに成果を得たとは思っていますが、作品作りにおいて、まだまだ課題も残った感もあります。

今年は、自分の作りたい物を優先し、私を選んで習いに来てくださる生徒さんに、もっと喜んでいただけるような作品作りと教室運営にしていきたい・・・と思っています。

初心に立ち返り、慢心することなく、編み物を楽しむ事を忘れないでやっていきたい・・・
そんな一年になればいいなあ~と思っています。


昨年このブログに遊びに来て下さった皆様・・・たくさんのご訪問ありがとうございました。
今年も、taeneeとこのブログをよろしくご愛顧くださいませ。

では、この一年が、皆様にとり、素敵な一年となりますように。


« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ