« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

守り人シリーズとその他もろもろ

私は、夏になるとがぜん読書に燃えるタイプです。
汗をかきながら(冷房は嫌いなので・・・。)ソファーや床にでゴロゴロしながら読書するのも、寝苦しくて寝付けない夜に読むのも、楽しい。

今年も読んでますよ。読んでますが、感想を書くのが面倒でブログには載せられない。
どうも、子どもの頃の夏休みの宿題の読書感想文のイヤ~な記憶のトラウマらしいです。
本を読むのは好きだったけど、感想文は嫌いでした。

約一ヶ月ぶりの読書記事。読み散らした本を、取り合えず備忘録として記しておこうと思います。

続きを読む "守り人シリーズとその他もろもろ" »

2009年7月29日 (水)

夏休みこども手芸講座

先日記事にした→コレ見て下さい。
「夏休みこども手芸講座」やってきました。

といっても、身内の子どもばかりで、ワイワイ楽しんできましたよ。
そして、それぞれ思い思いのアクリルたわしが出来ました。
P7290255









これで宿題ひとつ終了!!
みんな、それなりに楽しんでくれたみたいで、私もホッとしました。
さてさて、来年のネタ探ししなくちゃ~。


話は変わって・・・
うちの父子は大変寝相が悪いのですが・・・。

続きを読む "夏休みこども手芸講座" »

2009年7月27日 (月)

フィレレースの練習・Ⅱ

今日は、久々の青空で洗濯物もカラッと乾き、布団も干せて、気分も爽やか~。
が、しかし、暑い・・・。
暑いんだけど、吹く風が心なしか涼しくて、やはり今年は冷夏なんでしょうか?

照る時には照ってもらわないと、田も土用干しができなくて、このままでいくといつかの年のように、病害が心配です。


さてさて、私のレース編検定の勉強ですが、まるでもう受験は諦めたのか・・・の如く、テキストもしばらく開いてなかったのですが、本日からまた再開です。

親子関係の安定化のためにも、息子にかまいすぎないようにしようと決意したので、私はひたすら受験勉強に励むことにしました。

なかなか思い通りに進まないフィレレース。
(フィレレースの記事については↓)
コチラ

円形のパターンに挑戦していましたが、
Photo









何度か失敗しながら、今日何とか形になりました。
P7270251









直径約10cm。
実はこれ、よく見ると右側が間違ってます。

はあ~~。
再度練習だわ~。
どうも好きになれないフィレレース。
でも実技試験でよく出るらしいのです。
いずれにしても、もう少し上手くなっておかなくては・・・。

ペーパーテストの方も、級が上がる毎に、選択問題が減り、書き込みが増えてるような気がします。
・・・という事は、テキストをしっかり覚えておかなければならない。
&、2級・3級の技法の中からの出題もあるようで、万年健忘症の私にとっては、恐怖に近い。

未だ梅雨が明けぬ、ジメジメの気候の中、私の脳がどこまで耐えられるか・・・不安です。

2009年7月25日 (土)

自由研究に編み物を・・・。

うちの息子が通う小学校では、夏休みの宿題に、「家庭で役立つ物 1点」というのがあります。

「何か手芸教えて~」
というママ友の要望にお応えして、昨年に続き今年も数人の子ども達集めて、「夏休み手芸講座」をやります。

その前に、うちの息子と、たまたま遊びに来てたNくんが作ってみましたよ。
P7230250









アクリルたわしです。
Nくんは黄色のとうもろこしを(当初はバナナのつもりでした。)、息子は緑の抹茶チョコドーナツを、そして私がイチゴを、作りました。

牛乳パックに割り箸を貼って、リリアンの大型版を作ります。
その器具を使い、指編みの要領で編んでいきます。
リリアン編みと同じです。

長く編めばマフラーになります。
息子たちは、保育所の年長の時にこれでマフラーを作りました。

今回は、段数が少なくてすむので割りに早く出来ました。
あきっぽい息子もあきる前に編み上がりました。しかし、仕上げの段階は母にまかせっきりだったので、これを宿題として提出するのは、真面目な(?)母としてはどうかと思う。
なので、もう一個作ってね。

今度の火曜日、8人ほどの手芸教室。
みんな楽しんでくれるといいなあ~~。

2009年7月23日 (木)

日食観察

地域の公民館主催の「日食観察」に行ってきました。
朝から曇り空。ニュースでも奄美地方は雨・・・と聞き、お天気を心配しましたが、薄曇りながらも、なんとかもってくれ、楽しく観察できました。

同じ町内会の天文科学を趣味で教えていらっしゃる方による講義を受けながらの観察会。

観測衛星や気象衛星が撮った貴重な映像を、スライドで見ながら、10時前から20分おきの観察です。

Photo









厚紙に専用フィルムを貼った手作りメガネも作りました。
ウルトラマンセブン・・・シュワッチ!!

10時50分の観察の時に外に出て、ビックリ。
な~んか薄暗い。
なあ~んか涼しい。
子どもに付いて来ていた保護者数名と、
「すごいね~!不思議だね~~!」
と、盛り上がってしまいました。

Photo_2









その後、11時10分の観察の時は、雲が厚くなっていたので肉眼でも大丈夫(?)、デジカメのレンズでも撮れました。

でも、これ、もっと設定とか変えればうまく撮れたのかしら・・・?
相変わらずのカメラ下手。

でも、小学生の時以来の日食観察、充分楽しめました。

楽しんで(学んで?)ほしかった息子はというと・・・

「楽しかった!!」
と言っていたものの、記録用紙の記入が超汚くて、超・超適当!!!
小学2年生とは思えない、加えて落書きにしか見えないという情けなさ。

口には出さなかったけど、母の思いはきっと伝わったと思う。
「あんた、それじゃまるで、いたずら書きにすぎんよ・・・。」

科学者への道は、これで閉ざされたも同然。(って初めからそんなもん無いですけど・・・。)
将来科学嫌いになっても、それは、幼い日の母の冷たい視線が原因ですから。

何はともあれ、世紀の天文ショーは、かくも盛大に、かつ、神秘的に終わったのでした。

2009年7月21日 (火)

怒らずにすます方法

皆さんそろそろ夏休みのお疲れが出てませんか?
・・・って、まだ始まったばかりで、もうすでにイヤになってるのは私くらいなもんですかね~?

どうも、怒ってばかりでいけません。
原因は、私が息子を放っておけないからですね。

宿題をしようがしまいが、答えが間違っていようがいまいが、おもちゃが散らかっていても、放っとけばなんとかなるのに・・・。

わかっているのですが、これが私の問題点で、要は、息子を信じていない、ひいては自分を信じられない。
不安が先走る。

昨年の夏休みも初日から疲れてたなあ~。
疲れ果てて、お盆にぶっ倒れた私。

今年は、息子のやりたいようにさせよう!!
・・・と決心しながら、もろくも崩れる母。

はあ~~、すぐに自己嫌悪に陥り、罪悪感を抱くのも、不安感が強い人の特徴らしいです・・・。

まあ~、こういう日もあります。
怒られてもめげない息子のたくましさが、唯一救いといえば救いですが・・・。
ちょっとこのところ怒りすぎてるようで、私の顔色をうかがってるように思えます。

気をつけねば・・・。

子どもの人格を尊重し、求められれば手を差し出す。
・・・簡単なようで、私にとってこれほど難しいことはありません。
まあ、要するに適当に放っておけば問題は起きないわけで、こんな楽な事はないはずですが・・・。

私の場合、怒らずにすむ方法は、忙しくしている事、これに尽きます。
構い過ぎ・・・これいけません。

Photo









フィレースの練習に励むとしましょう。

そう、お母ちゃんも、自分の好きな事やった方が、子どもも伸び伸びできて平和だね。

もういきなり、愚痴吐きまっくってる・・・ダメ母一名。
はあ~~~。(ため息の渦sweat01

2009年7月20日 (月)

マツダズームズームスタジアムへ

行って来ました。(やっと・・・です。)

昨日我が家は、広島市民球場(マツダズームズームスタジアム)へカープ観戦&初の新球場観覧を楽しんできました。

朝10時に車で出発。約1時間半後に広島着の予定でしたが、山陽道で渋滞に巻き込まれ30分ロスってしまいました。

さすがに夏休みだし、連休だし、高速1000円だし・・・と感心していましたが、単なる故障車による渋滞でした。

迷いながらも、無事スタジアムに到着。
Carp








お~~!ときめくぞ~~!!

車を停め、開場まで時間があるので、広島市こども文化科学館へ行く事に。無料のこの施設を(プラネタリュームは有料)満喫。

Hirosima









広島市こども文化科学館は、原爆ドームや旧広島市民球場の近くにあります。
昨年までなら、カープの試合がある日は、多くの人で賑わうこの辺りも今はかなり静か。
近づく「ひろしまの夏」を前に、原爆ドームに祈りを捧げてきました。

そしていよいよスタジアムへ。
広島駅からスタジアムまでの道は、まさにカープロード。
Carp2




マンホールのふたまで~~。

Carp3








天然芝がきれい。
遠くに見える山々の緑もきれいだし、側を通る新幹線も見れて、あ~ほんとに気持ちいい~~!!!
売店・・・と呼ぶのが申し訳ないような小奇麗なフードコートには、食いしん坊な我が家の財布のひもを緩ませる魅惑的な食べ物が一杯。
Carp4









パフォーマンス席なる所へまとめられちゃった応援団。
内野席にいるとかなり応援団からは遠いので、何だかちょっとさみしかったな。

しかし、休日ということもありで、真っ赤っかに染まったスタンド。
圧巻・・・です。
残念ながら、慢性の打てない病のためカープは負けちゃいましたが、充分に楽しめた我が家の初・新球場でした。

次は、カープグッズを漁りに行くぞう!!

2009年7月17日 (金)

フレンチスリーブのボレロ編みかけその後

今日は朝から、どしゃぶりに近い雨が降り続いています。
どんよりと暗い空に似たカープの連敗・・・6連敗・・・気分悪~!

本日息子は終業式。
明日から45日間もの恐怖の夏休み。
夏休み長すぎるじゃろ?

母にとっては長すぎる夏休み。
子どもらにとっては、嬉しい~もっと長くてもいい~夏休み。

両方の落しどころをうまく見つけて、何とか無事9月を迎えたいもんです。

さてさて、夏休みになると編み編みばかりもさせてもらえないないだろうから、今日はひたすら編みますか。

P7170215



編みかけのフレンチスリーブのボレロ、後身頃がほぼ完成。
これから引き返しで肩下がりに続き、前身頃も引き返し編みで編んでいきます。
真っ直ぐに編むより変化がある方が気分が変わっていいんだけど、同時に気が抜けない。
段数に気をつけながら編んでいきます。

明日からはブログの更新もままならないかも・・・。

でもストレス解消に書き込んでるかも・・・。

2009年7月14日 (火)

猛暑の中で思うこと

お気づきかと思いますが、ブログパーツにプロ野球速報加えてみました。
カープは現在4位、3位との差は7ゲームとかなり離されておりますが、でもまだまだ、CSへの望みをつないで欲しい。
そんな願いもこめて、益々応援に張り切るつもりです。
今週末は、いよいよ我が家のマツダスタジアムデビューですし、オールスター前のこの時期にできるだけ上とのゲーム差を減らしてほしいもんです。

話題は変わりまして。
今日は、もう梅雨明けか・・・と思うほどの暑さです。
テレビつけてパソコンつついてるだけで、汗が流れ落ちます。
体を動かしてるわけでもないのに~。

陽射しをあびて、田畑の緑が一層鮮やかに見えます。

Photo









息子が箱の中で育てている稲です。
田んぼの稲同様にかなり大きくなってきました。

そしてブラックベリー。(?・・・であってますよね?)
Photo_2









まだ実が赤いのですが、赤い方がかわいい。
でも、かなり酸っぱい。
Photo_3









編み物が全然進まなくて、ブログにUPできるのはいつになるやら・・・。
夏休みも近づいてきたし、こう暑いと座ってるだけで精一杯。でもって、試験勉強も・・・となると、なかなか編みかけが編めそうにないです。
(すでに、弱気&言い訳)

しかも、どうやら選挙なんちゅう暑苦しいものが始まるらしい。

続きを読む "猛暑の中で思うこと" »

2009年7月11日 (土)

家族サポートの会・講演会終了

先日お伝えした、家族サポートの会・Fとしての初行事となった講演会が本日無事終了しました。

講演会自体は、たいした準備もいらないし、講師の先生は顔馴染みの、いわば身内なので割合気楽だったのですが…。
参加者がどのくらい来てくれるかしら…。
身内しか来なかったらどうしよう…。
などなど、初めての事なのでやはりそういう面が心配でした。

結果、大多数…とまではいきませんでしたが、宣伝不足にもかかわらず、多くの方たちが参加して下さり、思いもかけず遠くからの参加者もありで、スタッフ一同ホッと胸を撫で下ろしました。

演題は、
「こどもが抱える問題と家族の接し方」
でしたが、慢性的に繰り返されるトラウマ(心の傷)が、脳にどんな障害を及ぼすか…といった少し難しい脳科学の話から、どうすればトラウマになりにくいか…といった日常の子育てに役にたつ話まで、あっという間の1時間30分でした。

いつもこの先生の話を聞いている私たちには聞き慣れた話ではあったのですが、初めて聞かれた人にはどう受け止められたのか…気になるところです。
何か少しでも心に届いていればいいな〜。

講演会終了後、スタッフの反省会の中で、今後の課題となる部分も見つかり、また、次回の講演会に期待を寄せて下さる意見もあり、今後の会の励みにもなったのではないでしょうか?

会長をはじめスタッフの皆さまお疲れ様でした。
そして、参加して下さった全ての方々、ありがとうございました。
私の友人のFさん、Sさん、よく来て下さいました。いつもありがとう。
Rさん、あなたの心に安らぎが訪れる日が一日でも早く来るよう、私はいつも願っています。

午前中仕事で、午後は夕方まで講演会…と、家族の事はホッチッチ状態でしたが、帰宅してみれば、あれこれ家事をこなしてくれていた義母。
「今夜は何か食べに行こう。」と、自分も仕事だったにもかかわらず私を労ってくれた夫。
今日一日の出来事を楽しそうに話してくれた息子。

ご家族の皆さま、本当にありがとう。
何だかしわ寄せが怖いなあ〜などと、この幸せを素直に受け止められない私。
そう、明日は法事が待っている!

2009年7月10日 (金)

梅雨末期

今日は朝から凄い大雨。
金曜日は終日公共施設での仕事ですが、ここは、熟年・老年の方々が対象の講座なので、警報が出ると休講になります。
今朝は、9時に大雨警報が出たのでその時点で休講決定。でも、もう皆集まって来られてますし、授業はやってもやらなくてもいい・・・という適当さ・・・なので、結局普段通り。
でも、午後も警報が出たままだし、いつもより2時間早く終わる事になりました。
やれやれ・・・。
この学校、私にとっては少々荷が思い仕事なので、少しでも早く帰れたら凄く嬉しい~。
しかも、1学期は今日で終わり。約2ヵ月の夏休み。
ヤッホー!!

それにしてもたくさん降りました。
もう、水不足は解消したんでしょうか・・・?
私は花粉症があるので、春先から梅雨になるまで鼻炎に悩まされます。
なので梅雨になるのがある意味待ち遠しいのですが、梅雨になったらなったで、湿気に弱くて身体がだるくなるし、頭がぼや~っとして、そうでなくてもぼけぼけな脳みそなのに、拍車をかけてモヤってしまいます。
メガネかけたまま美容液ぬったり、買い物行ってもどうしても醤油が買えなかったり(あくまでも忘れてるだけです・・・)。

ここ数日は、湿度も高く、いたる所ジットリして、身体も頭もナメクジ状態。
編み物も全然進まない・・・。

金曜日は息子のピアノのレッスンの日。
いつもなら、仕事帰りに息子を拾って→ピアノに行って→買い物して→ご飯作って→疲れて寝る、というパターンですが、
今日は、もう買い物も済ませたし、夕食も昨日カレー作ったから後サラダすればいいし、早いとこ風呂入って、「ハリー・ポッターと賢者の石」でも見ながら息子とまったりしますか・・・。

梅雨もそろそろ最終章。
梅雨が明けたら今度は暑い夏、そして恐怖の夏休み。
それはそれで、また、暑さのあまり・・・。

ボケボケ、ダラダラは私の場合、一生続く病気です。

2009年7月 9日 (木)

家族サポートの会

子育てをしていると、様々な問題に直面します。
お友だちとのトラブル、勉強や習い事の悩みなどの日常的なことから、不登校・いじめ・ひきこもりなどの問題まで、多岐にわたると思います。

私にとっての悩みの第1位は、どうしようもなくイライラして子どもに当たってしまう・・・という、自分でなんとかできるだろう!・・・と思えるようなもの。
しかし、私はこの”怒り”の制御がどうしてもできませんでした。

これは、児童虐待にも通じる感情ですが、ある種の怒りは、幼い頃の親との関わりが関係すると心理学的には言われています。
私もそうですが、こういった心の問題は、自分ひとりでは気付きにくいです。

3年くらい前から、心理カウンセラーの先生との出会いがあり、友人と「親の会」を作り、相談会と自助会をかねたような集まりを持ってきました。
私を含めその会に参加したお母さん方は、
「あ~、そうだったのか・・・」
と、何らかの気付きをもらっています。そして、親子の関係がよくなったり、子育てが楽になったり、少しづつではありますが変化もみられます。

市内各地にあった同じ形状の「親の会」を一つにまとめよう・・・という話になり、上部組織として、「家族サポートの会・F」を立ち上げたのが、この春・3月でした。

市の助成金を受けるための申請やら、プレゼン。
Photo









春休みから4月にかけて、このため忙しくしていましたが、その甲斐あって無事助成金を受けられることとなり、そのお金で講演会をやることとなりました。
今週の土曜日です。

詳しくはコチラ↓を見てみて下さい。

自由館ホームページ

子育てしていて、何だかしんどいな・・・と思うことがありませんか?
そんなお母さんを支えることができたらいいな。
少しでも楽になって、楽しく毎日過ごせたらいいな。
ひとりぼっちじゃないんだと、感じてもらえたらいいな。
「家族サポートの会」のメンバーは、そんな風に思っています。

これからも、私の拙い文章ではありますが、この会のことブログ上で伝えていきたいです。
取り合えず、土曜日の講演会・・・がんばります。

2009年7月 8日 (水)

七夕の願い

七夕には、毎年短冊に願いを書いて、笹に飾ります。
昨日も夕方、息子と近くの土手の竹藪へ行って、小さな竹を切ってきて飾りました。

Photo









私はすっかり七夕のことなど忘れてたんだけど、息子がどうしても七夕飾りをやりたい!!と言うので、夕方の慌しい時間にやり始め、優雅に飾る時間がない。
「とりあえず、ここに刺しとけ~~!」
と、リビングの観葉植物の鉢に突き立てました。・・・ガサツな母でゴメンナサイ。

Photo_2





息子の短冊です。

Photo_3




私の短冊。

息子は、三年連続 「消防士になれますように。」
その後に、「みんな元気でいられますように。」 の言葉にドッキリしてしまった私。
私の願いは、利己的過ぎたかしら・・・?
親としては、「世界が平和でありますように。」と書くべきだったかしら・・・?

まっ、ともかく、かなり雲に覆われた夜空ではありましたが、みんなの願いが届くといいなあ~~。

そして、マイケル・ジャクソンの追悼式に思う事。

続きを読む "七夕の願い" »

2009年7月 6日 (月)

タッチングの練習

フィレレースの練習をしていたはず・・・なんですが。
タッチングに浮気。
Tattinngb









以前作った(向こう側の白)モチーフと同じ。コースターにどうかな・・・と思ったんですが、ちょっと透け透け過ぎるみたいです。

フィレレースはどうもモチベーションが上がらない。何故かな~?
あまり、好きではない・・・でも、やらねばならない・・・。
こういう時が力の出しどころ、楽しみの作りどころ。
そう、無理やり楽しみを作るぞ!!
でもどうやって??
見事レース編検定一級に受かったら、誰かご褒美くれないかな。
ひとり旅とか、商品券とか、一日家事お休み券&おこづかいとか・・・。

すいません、くだらない話で・・・。

2009年7月 4日 (土)

疲労の中身

今日は、休日にもかかわらず、何だかどっさり疲れました。
朝はゆっくり目覚めたにもかかわらず、とっても機嫌も悪い。

午前中旦那と、旦那のブリーフケースを買うためと、出来上がりの連絡があった旦那のスーツを取りにデパートへ出かけました。
ブリーフケースをあれこれ迷いながらお買い上げ・・・の後、バーゲンが始まっているので、私は自分の靴を靴売り場で物色。
その間、旦那は紳士服売り場へ。

その時点で12時ちょっと前。
家では息子と義母が待っている。
14時には友人と会う予定も入ってる。
ゆっくりバーゲンを楽しむ事は無理やな~・・・と思いながらも、でもでも、バーゲンは速い者勝なんだから、今日何とか獲物をゲットしたいもんだ!

そこへ、旦那から着信アリ。
「注文したスーツ、薄いグレーだったよなあ~。」

イージーオーダーの布地をどうやら店員さんが間違えていたもよう。
私は、靴売り場から引きはがされ、紳士服売り場へ泣く泣く移動。
あれやこれや、どうやこうや、と交渉すること30分。
再び靴売り場に戻ったものの時間がない。
おまけに売り場をウロウロする私の後を、旦那が影のようについて回る。

私は、この、旦那が後にくっついている状態で自分の買い物をする・・・というのが、大・キ・ラ・イ!!
急かされているみたいなんだよ~~。

「もう、時間ないし、帰ろう。」
半分、いや、完全に気分最悪のまま帰宅を宣言する妻。
「私の後を歩かんでよ!」
八つ当たり気味に、いや、完全に八つ当たりで腹立ちまぎれに言い放つ妻。

イライラの挙句喧嘩。
最悪・・・。

そもそも、自分の買い物に私を連れて行くなよ。・・・と心の中で叫ぶ妻。
そもそも、朝起きるのが遅いから、出かけるのも遅くなったんだろうが。・・・と心の中で叫んだであろう夫。
そして、ちゃんと間違えずに注文受けろよ!!・・・と店員に向かって叫びたい夫&妻。

はあ~、疲れた。今日はもう寝よう。

2009年7月 3日 (金)

秋・冬の研修会と編み散らかし

2009・秋冬の研修会が始まっています。
先週は毎月の勉強会でしたが、冬糸。そして、来週も秋冬物の研修会が予定されています。

2009aw








このホカホカの毛糸を編む気には、なかなかならない・・・。

そして、タッチングまでやり始める、相変わらず編み散らかし状態の私。
Tattinng









棒針編みの編みかけも、ちょっとづつ進行中。
同時にいくつもの編みかけを抱えるのはいつものことですが、どうしても仕上げぬままホッチッチ・・・なのが出てきます。
糸屋さん主催の勉強会やメーカーの研修会などが続くと、自分の編みたい物が編めずジレンマさえ覚えます。
それなら、研修会に参加しなければいいんだけど・・・

ためになる事ももちろんあるし、お付き合い・・・というか断りきれないしがらみもあります。(エ~イ!めんどくさい!!)

提案される作品を、ちょっとだけアレンジを加えたりしながら(たまには総リニューアルのことも・・・)ぼちぼちやっていきます。

2009年7月 1日 (水)

三島屋変調百物語事始

図書館に予約していた本の順番がやっとまわってきました。
宮部みゆき著:「おそろし 三島屋変調百物語事始」
現在、読売新聞朝刊で連載中のお話の前作です。

新聞の連載小説は、ほとんどの場合読まない、というより、毎日かかさず読む・・・というのが、物忘れのひどい性格には難しい。気付けば、数回分飛んじゃってて、お話が見えない・・・ということが続いてイヤになったりします。
それでも、飛ばしながらも最後まで読めることもあり、新聞小説は、少々まどろっこしい所もありますが、これはこれで楽しめます。


宮部みゆきさんの小説は、たぶんこれが初めて。
新聞に連載中の「三島屋変調百物語事続」は、なぜか第一回から読み始めていて、今のところ飛ばしたのは1~2回という、私にしては素晴らしい成績。

そして、「おそろし 三島屋変調百物語事始」
面白いです。
怪談・・・なんだろうけど、おどろおどろしい所はなく、登場人物のひとりひとりに人間味があり、ホロリとさせられる場面が続く。
主人公おちかが聞き手となり語られる話は、辛く哀しい物語たち。おちか自身も辛い思いを抱えながら、癒し癒され、気付きを得ていきます。
江戸の市井の人々の優しさに触れ、おちかはこの後どんな思いを重ねていくのでしょう。
連載中の新聞小説がますます楽しみになった一冊でした。

もう一冊。
河合隼雄著:「ココロの止まり木」

asaponさんのブログでも紹介されていましたが、河合さんの言葉は本当にこころに響きます。
この中で一番私のココロに届いた所は、
「良いところ、悪いところ」の章にあった以下の言葉。

「人はそれぞれ違う、その中で、自分という人間は良いところも悪いところもひっくるめて世界にひとりしかいない。」
河合さんが、とある小学校で道徳の授業をした時の様子が書かれているのですが、こんなステキな授業を受けられた子たちは、幸せだな~と思います。
道徳の授業の教材に、「心のノート」というのがあるらしいのですが、この教材の作成に河合さんは関わっていらっしゃいます。

私が小学生の頃の道徳の授業では、他人の気持ちを考えよう・・・とか、友だちの身になってみよう・・・とか、どちらかというと、自分は二の次というような考え方ばかりが強調されていたような気がします。
(私だけかな・・・?こう感じてるのは。)

自分で自分を認めて初めて他人を思いやることができるという基本的なことを、小さい内に気付く事はとても大切だと思います。

河合さんの数々の著書をこれからも心の支えとしていきたいな。
あらためてそんな事を感じたのでした。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ