« チュニック夏用完成 | トップページ | シルクコットンのストール・その後 »

2009年5月21日 (木)

シルクコットンのストールとイライラの種

クラフトハートトーカイでの作品展がいよいよ近づいてきました。
作品展などやったことのない私は、規模はごくごく小さいとはいえ、いったいどのくらい作品を並べればいいのか・・・想像するのが難しい。
やはり、多いにこしたことはないんでしょうか?

シルクコットンの糸が家にあったので、ストールを編むことにしました。
・・・がしかし、
Photo









2玉くらいあるはず・・・と勝手に思い込んで1玉編んだけど、どこを捜しても同じ色はない!!
欲しい長さまで50cmは足りない!!!

うえ~ん・・・ほどくのはいやだよ~~。
Photo_2









こんなん付けたらどうでしょう?
Photo_3









シルクの細い糸があったので、モチーフを先っぽに付けてみようかな・・・と思ったのですが、どうもしっくりこない。

まっ、取り合えず、やってみます。

ところで・・・。
息子はどうやら五月病のようです。

もともと、のんびり屋のマイペースで、宿題やるのもやたら時間のかかるタイプ。
ガガッーと宿題やって、ダッーっと遊びに出かける・・・なんていう子の話を聞くと、羨ましく思ったりするほどです。
それにしても、このところのダラダラぶりには、こちらまでイライラ・・・。
そのイライラがうつったのかのように、ここ数日は息子も怒りっぽくなり、ダラダラは酷くなる一方。
イライラとダラダラの嵐が渦巻く。

ーイライラは見とおしのなさを示すー
「こころの処方箋」河合隼雄著・新潮文庫 にこんな記述があります。

イライラは、自分の中の何か、(多くの場合、何らかの欠点にかかわること)を見出すのを防ぐために、相手に対する攻撃として出てくることが多いのである。

親が抱えている自らの問題に気付かぬまま、子どもに対してイライラをぶつけてしまうことがあります。
その反対に、子どもも何らかの理由があって、ダラダラしたり、イライラしたり、ダダをこねたり・・・。

特に、進学・進級など環境が変わるこの時期に、様々な困った状態になってしまう子どもが周囲にもいます。

幼稚園あるいは学校に行きたがらない。
ささいな事にこだわって、ダダをこねる。
宿題などになかなか取り組めない。

進学・進級は、新たな気持ちになると同時に、不安もつきまといますよね。
たとえ不安は時間と共に解消されたとしても、今度はジレンマとも受け取れる感情が出てきたりします。

かっこいいお兄ちゃんになりたいのに・・・。
頑張りたいのに頑張れない。
○年生になったのに、どうしてできないんだろう。

言葉には表せなくても、大人と同じように感じているのかもしれません。

ぴっかりさんの子育て相談室←詳しくは、コチラを見てみて下さい。

こんな時、親は何ができるでしょう。

抱っこして、ゆっくり、じっくり話を聞く事。
ただただ慰めてあげること。
口惜しい気持ちに共感し、いい子だね、大好きだよ・・・と伝えること。

慰められ、自信を取り戻せば、また元気になれる。

大人も子どもも同じだと、思います。


えらそうなことを言ってますが、実際息子がダラダラしてると、その裏に隠れている感情に気付く前に、イライラとしてしまうダメ母なのです。
さて、今日はどんな顔して帰ってくることやら。
おひざに抱っこして、よしよし、するとしますか。

« チュニック夏用完成 | トップページ | シルクコットンのストール・その後 »

子育て」カテゴリの記事

編み物」カテゴリの記事

コメント

taeneeさん、こんばんは~heart01ストールの方は順調ですか??
ところで、息子くんの五月病のお話。ギューッとなでなで、よしよしで励ますtaeneeさん、私も見習おう。。。と思いました。
確かに、イライラにより攻撃性が高まるって、私の場合しょっちゅうです。いや、しょっちゅうっていうか、常時そんな感じ?sweat02
けれど、ふと優しくしてもらった瞬間に、すっと見通しが良くなるってことも、本当によくあります。不思議ですよね。
「こころの処方箋」、ついこの間、息子がここから出題された読解問題を解いていました。息子の音読を聞きながら、いい文章だなーって話してたんです。私も読んでみようかなhappy01

こんばんはnightasaponさん。
コメントありがとうございます。
ストールは一応写真のまま仕上げてみることにしました。
周りの反応がどう出るか・・・それを楽しもうかな、と思ってみたりしてます。

私の場合もイライラをぶつけてしまって、あっ!まずかった・・・coldsweats02と気付く、情けないパターンが毎度繰り返されてます。
この度も、さんざん怒った後で、あれ~何か学校であったかも・・・とやっと気付いたわけですが、不思議なもので、気付いただけで、こちらのイライラもなくなり、息子もハツラツとしてきて、ほんとasaponさんの言う通り、優しくしてもらう・・・って凄い事なんですよね。

河合隼雄さんの本は、読んでるだけで癒されて、心に響く言葉が多いです。もっと長生きしていただきたかったな~。

こんにちは。
うちもそうですよ。
特に上の子がねcoldsweats01
最近は、放っておく感じです。しばらくすると、自分で気持ちの整理がつくみたい。ピアノも気分転換に良いみたいです。

ストールとか小物を編むと糸が足りなくなることって結構ありますよね。
作品展頑張ってね~。

こんにちは、あみこさん。
コメントありがとうございます。

そうそう、放っておく・・・って手もありますね。happy01
それがなかなかできない、神経質な性格なもんでweep でも、今回は放っておいたらいつの間にやら収まってましたcoldsweats01
ピアノが気分転換になる域に、うちも早く達してほしいけど・・・まだまだ時間かかりそうです。

ストールは仕上げましたよ。またブログにもupしますね。ご意見聞かせてねear

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/45080670

この記事へのトラックバック一覧です: シルクコットンのストールとイライラの種:

« チュニック夏用完成 | トップページ | シルクコットンのストール・その後 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ