« クロッシェレースのバック、そしてお花見 | トップページ | 小物、続々と・・・ »

2009年4月10日 (金)

夏帽子とお道具

4月からの、公共施設での手芸講座で使う作品見本を仕上げました。
ハマナカの春・夏の研修会に提案されていた物を、少々変えて編みました。

Photo_4










息子が被りたい・・・と、モデルをかって出てくれました。
「女の子みたい~。」
とウットリお目目。・・・? コワイ。

最近は、小物作りが続いています。
本当は、夏物のウエアで、編みたい物があるのだけれど、しばらくは、無理みたいです。編みたい物が編めない時、指先が、ウズウズする・・・というか、喉の奥に小さな塊がつっかかっている様なというか・・・、とにかく、さっさと仕上げて、編みたい物を気持ち良く編みたい。
でも、幸せなことに、小物とは言え、出来上がると形が見えるから、達成感があるのが嬉しい。
張り切らねば・・・。

タッティングをする機会が増えたので、新しいシャトルと、14号のレース針を買いました。
Photo_5
タッティングのシャトルは、海外のものが、装飾性が優れていて綺麗なんですが、私は国産のツメ付きの物を使っています。

Photo_6 14号のレース針

比べてみると。









細い!!
一番下のは、並太程度の毛糸など、平素よく使うかぎ針5/0号。
14号レース針は、ボビンレースや、タティングレースなどをする時、糸をかけたりするために使います。これで、編むわけではないのですが、しかし、細すぎて針の先が見えない。
近年、老眼が気になりだした目にはツライ細さ。

レース編みって若い時に勉強するべきだわあ~~。

黒のレース糸でやってるタティングも、なかなかはかどりません。
70番のレース糸でタティングしてる方から見れば、ロープにしか見えない18番レース糸なんだから、張り切らねば・・・。

« クロッシェレースのバック、そしてお花見 | トップページ | 小物、続々と・・・ »

編み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/44626384

この記事へのトラックバック一覧です: 夏帽子とお道具:

« クロッシェレースのバック、そしてお花見 | トップページ | 小物、続々と・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ