« シズコさんと火の山 | トップページ | 雪景色の桃の節句 »

2009年3月 2日 (月)

出産記念日

昨日は、ひとり息子の7歳の誕生日でした。
長年子宝に恵まれなかった我々夫婦の一粒種は、結婚12年目の春に生まれました。
あの日も暖かいよく晴れた日でした。大仕事を終え、病室に向かう途中、ウグイスの鳴き声を聞いた事を覚えています。
子どもの誕生日は、母の出産記念日。
あの痛みの記憶は薄れてきているのに、陣痛から出産に到る経緯は、克明に覚えている。
不思議です。

Photo ←プレゼントの数々。
彼にとっての最高のプレゼントは、トミカのハイパーレスキューシリーズですが、本も読んでネ。

「はれときどきブタ」でお馴染みの、矢玉四郎作・「はれぶたシリーズ」は、息子からのリクエスト。
その他は、おばちゃんと従姉のおねえちゃんから。
とりあえず、昨日は、おもちゃにしか興味を示さなかった。
でも・・・本も読んでね。

ついつい、お勉強の方に力が入ってしまうのは、母親の性なんでしょうか?
でも、健やかに育ってくれたことに、今日ぐらいは素直に感謝したい。
寝姿を見るたびに思う。大きくなったな~。

« シズコさんと火の山 | トップページ | 雪景色の桃の節句 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

taeneeさん、息子さんのお誕生日、おめでとうございます!birthdayご夫婦にとって念願のお子さんの誕生だったのですね。7年前、きっとたくさんの方々が感動の涙を流されたことでしょう。今までもそしてこれからも、息子さんがたくさんの愛情に包まれて成長していくのが楽しみですねhappy01
子どもの誕生日は母の出産記念日、まさにそうですよね。あんなすさまじい体験、他じゃなかなか味わえないですcoldsweats01私たちも本当によく頑張りました。今もよく頑張ってます。そりゃ子どもには本くらい読んで欲しい。(自己完結)
ところで、はれブタシリーズ、子どもの頃大好きでしたheart04懐かしいわ~。「シズコさん」の感想も、taeneeさんのお気持ちがビシビシと伝わってきました。親子って何なんだと、私も改めて考えさせられた1冊です。

asaponさんへ。
ありがとうございます。暖かいコメント嬉しいhappy01です。
待望の子どもも、私のような不出来な母だと、気の毒なことに怒られてばかりで・・・。歳とって産んだぶん、余裕持って育てられるだろう、と思っていたのですが、見ると聞くでは大違い。sweat01余裕なんてあったもんじゃありません。shockつくづく親業って経験がものをいうのだな~と思います。
asaponさんconfidentホント、私たち今日も頑張ってますよね。本ぐらい読んでネ。(しつこいwobbly
親子っていいなあ~って、思えるようになりたい・・・もうなれてるかな・・・sign02 いつかなれるかなshine

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525502/44219866

この記事へのトラックバック一覧です: 出産記念日:

« シズコさんと火の山 | トップページ | 雪景色の桃の節句 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ