« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

クリスマスシーズン・プレゼントは・・・

週に2日、二ヶ所で、編み物を教える仕事を、しています。

ひとつは、60歳以上の方が対象の公的生涯学習施設。
もうひとつは、手芸屋さんの講習会なので、比較的お若い方も来られます。

晩秋となり、クリスマスも近づいたからか、手芸屋さんの講習に新しい生徒さんが増えました。嬉しいことです。

続きを読む "クリスマスシーズン・プレゼントは・・・" »

2008年11月27日 (木)

マフラーとネックウォーマー

M N

マフラーは、土曜日に行われた講習会で教えてもらった、一玉マフラー。



手 paper で編みます。所要時間、約10分。


リッチモアのゴルゴンという糸です。糸が変わってて、簡単で、今年風。

色違いも作るつもりです。

ネックウォーマーは、「メビウスの輪編み」なるものを、本でみたので作ってみました。

所要時間、約3時間半。

極太毛糸は、早く出来るので、嬉しい・・・。lovely

カーディガン仕上げる前に、またしても、小物に手を出してしまった。coldsweats01

2008年11月26日 (水)

息子のベスト

やっと、完成!!

最後の袖ぐりゴム編みに、2日もかかってしまって・・・。coldsweats02

なぜ・・・? 

しかも、前身頃の模様、適当に編んだので、ちょっと。。。

T

後身頃のみup

これじゃ、よく、わからないですか・・・。

やっぱり、前も見て下さい。 coldsweats01

T_2

地模様が、なんか、おかしいでしょ~happy02

適当に編んじゃいけない・・・という、見本です。sweat01

3玉で編めました。

正確には、ラスト1段、足りなくて weep 3玉+1.5m

あと、50cm足りなくても、仕上がらないので、こういう時辛い shock です。

こういう事、私、よくあります。

編み物の神様に見放された気分 bomb になります・・・。

2008年11月19日 (水)

いっきに!冬に・・・

Photo

なんだか急に北風が吹きつけ、いっきに、冬モードに snow

畑の冬野菜も食べ頃に、なってきました。

「大根が、にょきにょき出来てる」と、姑がせっせと、抜いて帰ってくれたので、

少し趣向を変えて、クリーム煮に・・・。

ほんとは、カブの方が美味しいんだけど・・・、カブは、まだ食べ頃じゃないらしい。

大根葉の炒り菜と、白菜のお味噌汁、メインは、鶏のチーズ焼き。

昨夜の我が家のメニューです。

買った食材は、鶏肉のみ。

お姑さん、ありがとう。confident

2008年11月18日 (火)

銀賞受賞

今日から西日本は、寒くなるらしい。

朝から、どんよりとした冬空です。寒いのは、苦手・・・despair

日曜日、息子の絵の受賞式に、行ってきました。

夏休みに参加した、子ども絵画教室で描いた絵が、銀賞になったのです。

P1000018 「こども絵画国際交流展」なる、コンクール。

700数点から、入賞作品は50数点らしいので、まあまあの、確率、でしょうか?

(いったい、どれくらいの、確率だと、すんごい!のか、さっぱりわかりませんが・・・。)

私自身、小・中、通じて、絵は大の苦手。。。こうして賞を取るなんて、夢想だにしないことだったので、わが息子ながら、エライね~up あんた!! って思いました。

もう二度とないかも知れないので、授賞式には、家族全員で参加。

「緊張した~。疲れた~sad」 を、連発の息子でした。

2008年11月16日 (日)

編みかけ・2品

思わぬケガのため、編み物の予定が狂ってしまいましたが、

気を取り直し、せっせと、あみあみ。

Photo ブリューゲルレースのカーディガン。

身頃ができて、袖に取り掛かりました。

実は、この作品、6月にあった、毛糸屋さんの講習会でのテーマ作品です。

この講習会、講師の先生は、大好きな尊敬している先生なのですが、ほぼ毎月あるので、テーマ作品を仕上げるのが、大変shock なんです。

Photo_2 夏の間ほっちっち。。。

自分が教える時、やはり、手編みを着たいので、早く仕上げなきゃ!

しかし・・・。

息子のスクールベストも、急ぐ!!

もうすぐ、木枯らし吹きそうだし。

Photo_3 リッチモアのマイルド クレープという、リリアン糸のような撚り方の糸で、毛羽立たず、軽い仕上がりにできます

写真では、わかりづらいけど、地模様をいれました。

前身頃は、アーガイル風の地模様にするつもりです。

小学校の規定では、無地、となってるので、最初は、メリアス編みのみの予定でしたが、

何か模様を入れないと、テンション上がらないので、地模様を入れることに。

カーディガンとベスト、ちょうどいいことに、かぎ針と棒針。同時進行で、飽きずにはかどりそう。

こうしてblogにもアップしたので、エンジン全開dash で、仕上げたいと思いますup

2008年11月11日 (火)

読書三昧

怪我の方は、大分よくなっているのですが、まだ痛みもあって、無理せず、家でのんびりさせてもらってます。

ずっと座ってると、辛いので、つい、ゴロゴロ。そして、読書 soon スヤスヤ sleepy

おかげで、近年にないほどの読書量です。

続きを読む "読書三昧" »

2008年11月10日 (月)

お世話になったあの方へ・・・

怪我をしたり、病気をしたり、そんな時に優しくされると、本当に心から、申し訳なく、消え入りそうになります。

私は、こんなに優しくされる価値はないのだ・・・と。

特に、他人様だとその思いが強く、迷惑はかけられない・・・と、ずっと思ってきました。

でも、小さな子どもがいると、そうも言ってられない時があります。

今回の怪我の時もそうでした。

怪我して6日目に、息子の通う小学校で、音楽発表会がありました。先週の木曜のことです。旦那もおばあちゃんも見に行くことができなくなり、私もやはり、見に行きたい。でも、車を運転する自信がない。まだ、少し、フラフラする感じが残っていました。

どうしようか・・・と考えているところへ、ママ友のSさんから、メール。前日、別の予定をキャンセルするため、怪我したことをメールで知らせていました。

「一緒に車で行きましょう。」

と・・・。どうしようか、ちょっと躊躇しました。

実は、彼女には、9月にも子どもの送迎などを、お願いしていて、(その時も、私怪我してたの!よく、怪我するわ~shock ) 何だか申し訳なくて。。。

でも、正直嬉しかった。

他人様の親切を、有難く、感謝しながら、頂くことにしました。

図々しくも、子どもたちが一緒に通っている、ピアノ教室への、翌日の送迎まで頼んじゃいました。

その直後、友人のK子さんからも、一緒に行こう・・・とのメール。

彼女の子どもは、すでに高校生。わざわざ私のために、音楽発表会を見に行ってくれようというのです。本当にいつも、さりげなく、しかも、親身になって、人を助けられる彼女。私も数え切れぬ程、助けられてきました。

人に優しくされる価値もない・・・などと、そう思う事自体、自分勝手なナルシチズムだと、最近やっと、気付きました。

誰にも迷惑をかけず、他人様の世話になどならず、生きていくことは、できない。

数知れぬご迷惑を知り、いくばくかの優しさをお返しする、そうやって、日々感謝と共に生きていく。そういう話を繰り返し、子どもの頃、祖母に聞かされていました。

本当の意味を知るまで、こんなにも長い時間がかかるなんて・・・。

Photo Photo_2

ママ友のSさんに、せめてもの、お礼の気持ちで・・・。

携帯入れは、以前編んだ物。

シュシュは、この度編みました。

極細毛糸、2色の引き揃えで、長編み。小花は続けて編むモチーフなので、最後まで糸を切ることなく、編めるので、仕上がりも速いのです。

早速、ピアノの帰りに渡しました。喜んでもらえて、嬉しかった。

子どもがまだ、8~9ヶ月の頃からのおつきあい。子ども同士も、親達も、さほどベッタリ一緒にいたわけでなく、付かず離れず、のおつきあい。でも、今まで、仲良くさせてもらってるのも、Sさんの、ひかえめながら、心優しい人柄のお陰。

このまま年月を重ね、いつか、お互いなくてはならぬ友人になれたらいいな・・・。

Sさんのことも、K子さんのことも、私は、そう思っています。

2008年11月 6日 (木)

編倹合格通知

先週の土曜日、怪我をした次の日、嬉しい知らせが届きました。
文部科学省後援試験・編物技能検定 レース編2級の合格通知です。

試験は、9月21日にあり、私は昨年に続き、2度目の受験でした。

昨年は、少し自信もあったのですが、今年は、かなり間違っていたし、実技も仕上がりに満足のいく物ではなかったので、絶対不合格だと確信してました。
それだけに、喜びもひとしお。怪我の痛みも忘れて、狂喜乱舞…は、できなかったけど、叫びましたね。

来年は、ついに1級!
レースの1級は、ボビンにフィレ、とやったことない技法が目白押し。
近くに、そういうレース編み教えてくれる先生もいないので、不安ですが、ともかく、また、勉強開始です。

歳とってるから、覚えも悪いし、級が上がるごとに難解になるみたいで、1級は、一度で合格は無理かもしれません。
でも、できることなら、優秀合格者目指して (夢は大きく)頑張ります〜!

2008年11月 3日 (月)

「空海の風景」

司馬遼太郎著 空海の風景文庫本にして上下2巻からなる、この小説は、その長さより、内容の難解さで、「竜馬がゆく」全8巻よりも、時間が、かかりそうです。

竜馬、といえば、大河ドラマ「篤姫」で、昨日、玉木・竜馬は死んだんですね。怪我療養中で、昨日は、見られませんでした。
玉木 宏は好きだけど、玉木・竜馬は、私はちょっと(?)だったけど、竜馬の最期は、やはり気になる。

話がそれましたが…。

司馬さんの小説の中でも、この「空海の風景」が、少し難しく感じるのは、私がこの平城〜平安の歴史に、ただ疎いだけかもしれません。
数年前に、図書館で借りてきた時は、時間もなくて、最後までちゃんと読めなかったので、その後、文庫本を買い求め、今の今まで本棚で眠らせていたのでした。

仏教(主に真言密教)の話はもちろん、中国史、儒教や道教などの思想論、しいては哲学までと、知識が問われる内容です。
社会科の授業を受けているみたい。

空海に関する本は、陳舜臣さんの小説、題を忘れたのだけど、空海が、遣唐使船で唐の長安へ向かう旅の話が面白く、これを読んだだけですが、何故か心ひかれる人物です。

時間は、たっぷりあるので、今回は、じっくり読むつもりですが…。
難しくて、時折意識が違うところへ飛んでしまうんですよね。
その都度、ページを戻しているので、なかなか、進みません。

「対岸の彼女」を読んで。

久しぶりにいい本に出会いました。
角田光代著 「対岸の彼女」
角田さんの本は、他の作品を読んでいたのですが、この直木賞受賞作は、何故か読まずにいました。
こんなに何度も泣ける場面がある本は、久々。
今の私の気分や考えてる事と、ドンピシャ!だったというだけじゃなく、主人公2人の過去と現在の、孤独と心の葛藤が、手にとるようにわかる。理解できる。そして、物語を縁取る人の優しさ、哀しさに涙が止まりませんでした。

「人はなぜ年齢を重ねるのか。」と自らに問いかけた主人公は、ついに答を見つける。
「また出会うためだ。出会うことを選ぶためだ。選んだ場所に自分の足で歩いていくためだ。」
と。

新しい出会いに、躊躇することがあります。また同じ思いをしてしまうのではないかと…、過去の嫌な記憶がよみがえる時があります。
私はここ数年、そんな事の繰り返しで、出会いを意識的に避けていたわけではないけれど、心を半分閉ざしていたような…そんな日々が続いていたかもしれません。

今年になって、少しだけ状況が変わりつつあります。きっかけは、何だったのかはっきりはわかりませんが。
ひとつ言える事は、迷いながらでも、前に歩き続ければ、道は続いていくのだなあ〜と、この歳でやっと気づいたこと、そして、いくつになっても、気づくことに遅すぎるということはないのだと、思えたこと。

対岸の彼女たちは、自分などとは比べものにならぬ程、キラキラして見える。けれど、向こうからもそう見えているかもしれない事に、私たちは案外気づかない。
そんな事を思わせてくれる本でした。

2008年11月 2日 (日)

携帯から投稿です!

先週の金曜の朝、手芸講座の助手をしているカルチャースクールで、イベントの準備中に、上がっていた椅子から落ちてしまいました。
後頭部と腰を強打し、救急車で病院へ担ぎ込まれる、という騒ぎとなりましたが、幸いにも、骨折も脳の異常もありませんでした。(脳は、打撲せずとも前からかなり異常…との意見も家族内部でチラホラ。)
しかし、暫くは安静に…との事で、まあ、言われずとも、尾てい骨から腰にかけてが、痛くて動けない。
3日間、寝て暮らしています。
という理由で、初の携帯からの投稿に挑戦。ちゃんとできるか不安です〜。

怪我してしまい、家族には迷惑かけるし、救急車まで出動しての大騒ぎを引き起こし、恥ずかしくて、かなり落ち込みましたが、痛みさえ我慢してれば、本は読めるし、いい骨休みだと前向きに考える事にして、読書三昧。
が、しかし、暫く忙しくしていて、本屋にも図書館にも行けず…だったので、手持ちの本は読みかけの2冊のみで、初日でもう読んでしまいました。
こういう時、家族に本好きがいると、貸し借りできたり、買って来て貰えたりするんだろうけど、うちは無理!

時間いっーぱいあるのに。こんな時に普段敬遠していた、長編小説読めばいいよなあ〜〜。
三国志とか、読みごたえありそう。
あれも読みたい、これも読みたい、読みたい本リストまで作ってみたけど…。
旦那は仕事だし、今からネット注文しても、いつ届くやら…。
ないものねだりしても、仕方ないので、とりあえず、本棚の本で、我慢する事にします。

治ったら、本屋に直行だぁ!図書館にも一日篭ろう!
でも、動けるようになれば、ゆっくり読書する時間など、ないんだろうなあ〜〜。辛いわぁ〜。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ